筒井時正玩具花火製造所

庖丁工房タダフサ万能125mmペティ 庖丁工房タダフサ万能170mm 三徳 白木屋傳兵衛

TOP > 工房から選ぶ > 福岡県(ふくおか) > 筒井時正玩具花火製造所

筒井時正玩具花火製造所について

筒井時正玩具花火製造所について


国産の線香花火を、絶滅の危機から救う

伝統を絶やさず、新たな火を灯す

福岡県みやま市にある筒井時正玩具花火製造所は、90年ほど前から子ども用の花火、いわゆる玩具花火を製造している会社。初代の筒井時正さんはネズミ花火の考案者として知られます。今は日本に3社しか残っていない国産の線香花火メーカーのひとつとして、古くからの知恵や技を守ることはもちろん、新たなオリジナル花火の卸やワークショップ、情報発信などの活動を通じて、日本全国、さらには世界に向けて国産花火の魅力を伝えています。

国産の線香花火を、絶滅の危機から救う

国産の線香花火を、絶滅の危機から救う

昭和初期から続く製造所に転機が訪れたのは1999年。みやま市にほど近い福岡県八女市にある国内唯一の線香花火の製造所が廃業を迎えました。そのとき3代目・良太さんが、線香花火の製造技術を継承するためにその製造所で修行し、廃業と同時に道具も、職人も、すべてを引き継ぎました。
そこから国産の高品質な線香花火を作るため、改めて火薬などの配合からすべてを見直し、ブランディングの戦略、デザインも一新。伝統の製造技術を大切に守りながら、新たな形で次世代へ繋いでいこうと情熱を注いでいます。


線香花火の歴史


線香花火のはじまり

線香花火のはじまり

日本の夏の風物詩といえば花火。中でも線香花火は、日本人なら誰もが知っている花火です。
その始まりは江戸時代。先に流通していたのは男性だけの遊びとされていた手持ちの吹き出し花火で、それを女性や子どもも楽しめるようにと作られたのが線香花火でした。現在のように手で持つのではなく、香炉や火鉢に立てて遊ぶ姿が線香に似ていることから、「線香花火」という名前がついたと言われています。

西と東の線香花火

西と東の線香花火

そんな線香花火、関東と関西で形が違うのをご存じでしたか?関西の線香花火は300年変わらない花火の原型「スボ手」が主流。竹ひごや藁(ワラスボ)の先端に火薬が塗られた花火です。一方関東は、江戸でスボ手の材料となる藁が手に入りにくかったため、代わりに「長手」と言われる和紙に火薬が包まれた線香花火が登場し、新しもの好きの江戸の人たちの間で大流行。日本各地に広まっていきました。スボ手と長手、どちらも作っている製造所は、今では筒井時正玩具花火製造所だけとなっています。

国産線香花火の衰退

国産線香花火の衰退

昭和の時代までは日本国内の製造所で線香花火が生産されていましたが、1975年ごろになると、中国産の安い線香花火が手に入るようになり、国産品の存在を脅かすようになりました。高い品質を誇る国産の線香花火でしたが、その価格差に太刀打ちすることができず、徐々に日本の製造所は姿を消し、筒井時正玩具花火製造所が引き継ぐころにはたった1社を残すのみとなってしまいました。


地域の歴史


筒井時正玩具花火製造所がある福岡県みやま市は、古くから「花火のまち」として知られる九州で有数の花火の産地。玩具花火だけではなく、打ち上げ花火にも400年以上の歴史があり、「みやま納涼花火大会」は市内外から多くの人が訪れる大規模な花火大会です。
線香花火の三大産地のひとつである福岡は、かの豊臣秀吉が朝鮮出兵ときに筑後に火薬方を置き、この地の豪族だった筒井一族にその管理を任せたのがはじまりと言われています。 このように福岡の地に根付き、今も愛されている花火。これまでも、そしてこれからも、その火を絶やすことなく守り続けているのが、筒井時正玩具花火製造所なのです。

地域の歴史

筒井時正玩具花火製造所の花火の特徴


安定した線香花火を作りたい

安定した線香花火を作りたい

線香花火はとても繊細で、職人の縒り方、火薬の量、気象条件によって違う表情を見せます。しかしながら、筒井時正玩具花火製造所が引き継いだ当時の線香花火は、中国産に対抗するためにできるだけコストを切り詰め、大量生産していたため、国産とは言いつつも品質は安定していなかったそうです。
そこで、3代目・良太さんは安定した品質の線香花火を作るため、火薬などの配合を一からすべて研究し直しました。良太さんが試行錯誤を繰り返し、頭を悩ませながら作っていた線香花火を見た妻・今日子さんは、これまでの線香花火とは全く異なる光に感動。これは中国産と並べて安く売るのではなく、国産のよいものとして売り方を変えた方がよいのではと考えたそうです。

こだわりの素材とアイデア

こだわりの素材とアイデア

研究を重ねて作り上げられた線香花火。そのこだわりは並大抵のものではありません。火薬は宮崎産の松煙、紙は福岡県八女市の手すき和紙を使用。さらに、日本で唯一製造している「スボ手」の原材料となる稲ワラを守るために米づくりも自分たちで始め、お客さまも一緒に田植えや稲刈り、花火作りを楽しむ体験型のイベントにまで昇華させています。
伝統の線香花火だけに留まらず、新しい花火の開発にも積極的に着手。郷土玩具から着想を得たこれまでにない動きや表情にあふれる花火を提案しています。ひと目で国産とわかる高品質な花火にするためにデザインにもこだわり、工夫を重ねています。


他の花火との違い


線香花火のイメージを覆す品質

線香花火というと、儚い灯のイメージがあります。しかしながら、筒井時正玩具花火製造所の花火は、よくある線香花火とはまったく異なり、火花の飛び方の大きさと美しさ、火が落ちるまでの長さ、どちらもこれまで見たことのないレベル。実際に火を点けると、そのクオリティにきっと驚くはずです。

点火とともに、命が宿ったかのように酸素を吸い込みながらどんどん大きくなっていく火の玉。今にも弾けそうな瞬間は、さながら花を咲かせる前の「蕾」のようです。

牡丹

やがてパチッ、パチッと一つずつ、力強い火花が散り出します。称して「牡丹」。迷いながらも一歩一歩進んでいく青春時代を彷彿させます。火花の間隔は、徐々に短く…。

松葉

やがて勢いを増し、「松葉」のように次々と火花が飛び出します。結婚や出産、子供の成長、優美な火のアーチを眺めていると、不思議と幸せな出来事が重なります。

散り菊

火花が一本、また一本と落ちていく「散り菊」。静かに余生を送る晩年といえます。赤から黄に変わった火の玉が光を失った瞬間、線香花火の一生は幕を閉じるのです。

花火の表情

線香花火は、火をつけてから落ちるまでの間に大きく4段階に変化します。その変化がはっきりと出るのは、国産品ならでは。「つぼみ、牡丹、松葉、散り菊」と、移り変わっていく様子に花の名前を付けじっくりと楽しむのは日本らしい趣ですね。つぼみは、酸素を吸い込みながら大きくなっていく、花のつぼみのような火の玉。牡丹はパチッ、パチッと力強く散る火花。松葉は勢いを増し、火花がアーチを描きながら次々と飛び出す様子。散り菊は、火花が1本1本静かに落ちていく段階を言います。
さらに、玩具花火はひと夏過ぎると使えなくなってしまうものがほとんどですが、いい素材を使った線香花火はまるでワインのごとく熟成します。天然の素材なので、火薬が呼吸をするように湿気を吸ったり吐いたりして、2〜3年経つとさらによい火花を出すといいます。それは、国産の花火ならではの楽しみ方です。

デザインも品質のうち

デザインも品質のうち

どんなに中身がよくても、それは実際に火を灯すまで伝わりません。筒井時正玩具花火製造所の花火は、商品の魅力が見た目でも伝わるようデザインも他には見られないユニークで目を引くものばかり。スタイリッシュな現代風にデザインされた珍しいものから、子どもも楽しめるかわいらしい見た目のもの、贈答品にもできるよう桐箱に収められたものなど、大量生産の安価な花火では再現できない、個性的な花火を生み出しています。

筒井時正玩具花火製造所 商品一覧



花々



東の線香花火 長手牡丹

西の線香花火 スボ手牡丹

祝い線香花火

和火 炭火

洋火 三色芒

吹き上げる 鯨花火

花火セット 贈

花富士 青

手提げ袋

和火洋火 セット

13 件中 1-13 件表示 






13 件中 1-13 件表示