空間鋳造

新入荷アイテム
  • 新規会員登録で300ポイントプレゼント
  • 10800円以上のご購入で配送料無料
  • 12時までのご注文で当日発送
  • バイヤーの日常BLOG
  • 河内の時々更新BLOG
  • マリーの美味しい日常BLOG

商品を検索する

  • 新入荷アイテム
  • 残りわずか・在庫限り
  • お得なポイントについて
  • 選べる無料ラッピング
  • 熨斗の種類 表書きの書き方
  • パートナーリスト
    • ショールームのご案内
    • REALJAPANPROJECT GLOBAL STORE
    • 名入れサービス
    • 法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら
    • 海外発送承ります

    [SNS]

    • インスタグラム・instagram
    • 友だち追加
     

    営業日について

    TOP > 工房から選ぶ > 岩手県(いわて) > 空間鋳造

    南部鉄器の産地、岩手県の水沢にて鉄瓶を製作している「空間鋳造」。
    代表の岩清水さんは、現代の生活にすっと溶け込むような美しい鉄瓶を提案しています。
    装飾のないすっきりとしたデザインは一見無機質のようにも見えますが、鉄瓶を作る工程の中から自然に生まれる素材そのものの魅力を引き出し、“鉄らしさ”を表現しています。
    鉄の質感や色にこだわり、一つ一つの製造工程を大切にしている様子がうかがえる岩清水さんの作品は、“鉄らしさ”といっても、決して重々しくならず、重厚感の中にも使い勝手のいい軽さと温もりが表現されており、女性でも抵抗なく日常的に使用することができます。

    • 岩手県を代表する特産品

      水沢の鋳物は今から約1000年ほど前より始まったといわれています。
      滋賀県から鋳物職人を呼び寄せたことから、鍋や農具などの生活道具としての鉄器が作られるようになりました。
      その後、江戸時代より鉄瓶や茶釜が作られるようになり、盛岡とともに、“南部鉄器”の産地として発展しました。
      元々生活道具をつくっていた水沢では、数を多く作ることができる「生型」という、砂で作った型に鉄を流し込んで作る技法で鉄器が作られるようになり、現在でも多くの工房がこちらの技法で製造しています。

    こだわりの生型技法

    鉄鋳物の製法には、細かい装飾に適した「焼き型」と、数を多く作ることのできる「生型」という2種類の製法があります。
    細かい装飾の入った鉄瓶が多く作られている盛岡では「焼き型」が主流ですが、生活道具を多く作っている水沢では砂で作られた「生型」での製法が多くとられています。
    「生型」は砂に程よい水分を与えて、押し固めて型を作ったもので、小さな頃砂場でお城を作ったりお団子を作ったりしましたが、それと同じように水分を含ませて固めていきます。
    そうしてサラサラしていた砂で作った型に赤く溶かした鉄を流し込むことで、鉄器の形が出来上がります。 岩清水さんが特にこだわりを持ったのは、これらの製造工程から生まれる鉄の質感。過度な装飾はせず、必要最低限のかたちにすることで、鉄瓶の製造工程から自然に生まれる素材の魅力を引き出し、“鉄らしさ”を表現しています。

    • 身体にやさしい鉄瓶生活

      鉄瓶で沸かしたお湯は「まろやかで美味しい」という話を良く聞きますが、鉄瓶は使えば使うほどお湯が美味しくなるそうです。 鉄瓶を使い続けると、内側に湯あかの膜がつくられますが、こちらが美味しさの秘密。
      鉄の成分がナトリウムやカルシウムなどを吸収してお湯から除去してくれるため、匂いの気になる水道水も魔法のようにまろやかにしてくれます。
      その上、南部鉄器はからだに吸収しやすい鉄分が豊富なため、日々の暮らしの中で必要な鉄分をとることが出来る、見た目にもからだにもとっても嬉しい道具なのです。

    鉄瓶のお手入れ方法

    鉄瓶の大敵は水分です。ご使用後の鉄瓶に水を入れっぱなしにしたり、濡れたまま放置してしまうと、どうしても錆(サビ)が出てしまいます。この錆が出ないよう、一つだけポイントを抑えて頂ければと思います。
    ・使い終わったあとは、熱いうちに残ったお湯を捨てる! 熱いうちに鉄瓶を空にすれば、残った水分は余熱で蒸発し、乾きます。
    使い終わるたびに蓋を外してすぐに乾かすことで、錆を生む原因を取り除きます。万が一水を捨て忘れてしまった場合は、再度火にかけて温めるか、ふきんなどでしっかりと拭き取って完全に乾かしてください。
    鉄瓶は使い込むほどに「湯あか」が付着し、錆に強い膜がつくられます。ですので、内側を指でさわったり、たわしや洗剤を使って洗ったりしないでください。しっかりと膜をつくることで、錆に強い鉄瓶が出来上がります。

    1 件中 1-1 件表示 


    1 件中 1-1 件表示