小笠原陸兆(オガサワラリクチョウ)の人気商品を厳選!ギフト・贈り物に最適なアイテムを豊富に取り揃えています。

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

インスタグラム・instagram

友だち追加

冬の夜の過ごし方

一生使える日用品。

TRAVEL CHOCO

暮らしの道具。日本の道具。

蚊取り線香

susアイス

大矢

orii

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > キッチン雑貨ブランド > 小笠原陸兆(オガサワラリクチョウ)

古典的な南部鉄瓶の技法を受け継ぎ、
近代的なモダンデザインを取り入れた
小笠原陸兆氏の工房

岩手県 奧州市水沢区 製作を行うのは、岩手県奥州市水沢に位置する小笠原鋳造所。
古典的な南部鉄瓶の技法を受け継ぐ一方で、近代的なモダンデザインの製作もこなす日本のクラフトデザインの草分けとなった小笠原陸兆氏の工房です。
単純な形のみの製作しかできないことから、大星生産が可能な、「生型」と封作に煩雑な行程と熟練された技を必要とする「惣型」の2つの技法を使い分け、日本の生活に根差した鉄器を作り続けている小笠原陸兆作の作品を作り続けています。

長年愛される理由は
陸兆の信念が導いた、時代を問わないデザインにあり

南部鉄器は400年以上前に茶の湯釜がわりを作ったのがきっかけで、「冷めにくい」「味がまろやかに仕上がる」という実用性が評価されて広がりました。
1929年に岩手県水沢に生まれ、60年以上鉄器を作り続けた小笠原陸兆氏は、鋳造という表現の中でも、使いやすく、普遍的なカタチ、鉄肌にこだわり、木や麻などの異素材を一層モダンなデザインを引き立てました。料理や生活シーンを想像してつくられた、ひとつひとつの道具が暮らしに光を射し、使う楽しみを与えてくれます。


故.小笠原陸兆氏について

1929年、岩手県水沢生まれ。
岩手県奥州市の南部鋳物製作所「小笠原鋳造所」の代表。60年以上のキャリアを持ち、モダンデザインの先駆者と言われています。
存在感のあるオブジェから実用的なアイテム、伝統的な南部鉄器・南部鉄瓶まで手がけています。鉄素材特有の味わい深さと温かみを感じさせながら、シンプルでモダンな造形としての完成度は、他では見ることができません。

優れたデザインと機能性もつ南部鉄器

小笠原陸兆の代表作フライパンのおすすめポイント

   
いつもの料理がふっくら美味しくなる いつもの料理がふっくら美味しくなる

南部鉄器の特徴でもある重厚なフライパンは、一度温まると冷めにくく、温まる時も熱がフライパン全体に行き渡るので、フライパンの中での温度にムラがなく高温の状態で素材を温めることができます。
ハンバーグやホットケーキなど、いつもの料理がふっくらと美味しく調理が出来ま す。不思話といつもと同じ素材・分量で作ったホットケーキが、お店のものと変わらないほどのふっくらとした高さのあるホットケーキが作れちゃいます!

   
毎日の食卓にはもちろんパーティなどにも活躍 毎日の食卓にはもちろんパーティなどにも活躍

料理をしたそのフライパンのまま食卓に出せるほどのかわいいフォルムのデザイン。料理も温かい状態がとても長く続くので、お皿に盛る手間も省けます。
また、すべてのミ二パンには木製鍋しきが付いてくるので、言く場所にも困りませんので、いつもの食卓がお酒落に、目にも楽しいものになること間達いなしです。

   
楽しく食事をしながら不足しがちな鉄分を補給 楽しく食事をしながら不足しがちな鉄分を補給

食材のもつ旨みを引き出すたけでなく、料理することで自然に鉄分補給がで きる南部鉄器のフライパン。不足しがちな鉄分を、楽しく食事をしながら補給できます。
オープンにもそのまま使用できるので、どんな料理にも使用していたたけます。

13 件中 1-13 件表示 






13 件中 1-13 件表示