TOP > 工房から選ぶ > 岐阜県(ぎふ) > カネコ小兵製陶所 > 【岐阜県/カネコ小兵製陶所(かねここひょうせいとうじょ)】 シズル冷酒器セット




「シズル」ってどういう意味?

英語で「sizzle」と書き、肉がジュージューと焼け、肉汁がしたたり落ちる様子をさします。
見る人がすぐにでも食べたり飲んだりしたくなる、食欲をそそる状態の表現として使われます。
せせらぎのようにお酒が流れ出すと思わず呑みたくなってしまう、
そんな理由からシズル冷酒器と名付けられました。

流れ出すことでどんな効果があるの?

流れ出したお酒は空気とほどよく触れ合うことで、いっそう香りが引き立ちます。

どのくらい注げばいい?

勢いよく、すりきり一杯を目指して注ぐのが美味しそうに流れ出すコツ。
片口は、120mlを超えると流れ出します。まずは勢いよく注いでみてください。





【岐阜県/カネコ小兵製陶所】シズル冷酒器セット 銀黒
【岐阜県/カネコ小兵製陶所】シズル冷酒器セット 銀黒
【岐阜県/カネコ小兵製陶所】シズル冷酒器セット 銀黒

吟醸酒など、美味しいお酒を粋に飲むための新しいかたちの酒器です。冷酒器になみなみと入れると盃に程よく注がれるしくみ。【岐阜県/カネコ小兵製陶所(かねここひょうせいとうじょ)】 シズル冷酒器セット

商品番号 0065R008


 

価格1,950円(消費税込:2,106円)

[当店で使えるお買い物ポイント98ポイント進呈 ](1ポイント=1円)

カラー 銀黒 茶金 ナス紺ブルー
 
数量


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

【工房紹介】
大正10年(1921年)10月、岐阜県土岐郡下石町阿庄(おろしちょうあしょう)の山の上で伊藤小兵(こひょう)の手により「カネコ製陶所」が誕生しました。創業当初は主に神仏具を焼いていましたが、得意の流し込み成形を生かした熱燗用の徳利(銚子)が昭和40年代後半ごろには生産量日本一に。平成7年(1995年)ごろから生活雑貨としての食器の開発、生産に乗り出し、現在では、今まで小兵窯で培った技術や、特に窯の焼成方法が還元焼成という特性と生活者の視点からみた新しいやきものを製作しています。


【商品紹介】
吟醸酒など、美味しいお酒を粋に飲むための新しいかたちの酒器です。冷酒器になみなみと入れると盃に程よく注がれるしくみ。銀黒の渋い色みが、お酒の美味しさをいっそう引きたてます。かんたんな説明書入りで安心。
箱入りなのでお酒が好きな方への贈りものにもおすすめ。日本酒をこよなく愛する方に是非楽しんでいただきたい酒器セットです。

※「ちび盃」の追加購入はこちらから。

【セット内容】
シズル冷酒器セット:160×170×85(mm)
シズル冷酒器 1個:90×80×70(mm) 120cc
ちび盃 1個:58×58×35(mm) 30cc
受け皿 1個:150×150×20(mm)

材質:磁器

注意事項
・電子レンジの長時間のご使用は、破損の恐れがありますので、お止め下さい。温める程度なら問題はありません。
・食器洗い乾燥機使用可
・オーブンレンジは使用不可

購入者さん

男性 投稿日:2014年05月30日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

前から欲しかった冷酒器を購入。
これは良い商品ですね〜。今夜から早速フフフ。

用途に合わせて包装紙やギフトバッグをご用意しております。

無料ラッピング承ります

徳島県の手漉き和紙、「阿波和紙」の包装紙を使用しています。

特別な和紙を使っております

贈り物・ギフトに定型カードを添えてお届け可能です。

特別な和紙を使っております