かなや刷子

新入荷アイテム

TOP > 工房から選ぶ > 東京都(とうきょう) > かなや刷子

かなや刷子

かなや刷子について

浅草の仲見世通りやかっぱ橋道具街など都内に3店を構える「かなや刷子(ブラシ)」は、家庭用から職人御用達の品まで何でもそろった刷毛とブラシの専門店です。馬毛や豚毛などの天然素材で作られた優しい使い心地の刷毛やブラシが、店内に所狭しと並んでいます。

一番人気の商品は、馬毛で作られた歯ブラシです。硬い毛と柔らかい毛をバランスよく混ぜ合わせて作られた歯ブラシは、毛先が開きにくくとても長持ち。髪につやの出る豚毛のヘアブラシも人気の商品です。天然素材ならではの使い心地に加えて、レトロなデザインも魅力のひとつ。職人の手で丁寧に作られたよい道具を、毎日の暮らしに加えてみてはいかがでしょうか。

大正3年、浅草に創業

大正3年、浅草に創業

かなや刷子は1914(大正3)年、京都出身の大内茂治氏が東京市浅草区聖天町に「大内刷毛店」として創業し、堅実低価をモットーに、塗装用の刷毛や工業用の刷毛を主に製造していました。1923(大正12)年、関東大震災で社屋が全焼しましたが、すぐさま復興し製造を再開。1928(昭和3)年に行われた区画整理で、現在の所在地に移転しました。

戦時中は横須賀海軍で使用される船舶用の刷毛やブラシ、軍靴生産用の刷毛やブラシなどを製造していましたが、戦火が激しくなった1945(昭和20)年、社屋が再び全焼し、初代の郷里である京都の金屋町に疎開しました。戦後、東京に戻った際に、疎開先で世話になった金屋町にちなんで社名を「金屋産業社」に変更。さらに、1982(昭和57)年に「カナヤブラシ産業」と社名を改め、現在に至ります。

刷毛(はけ)と刷子(ブラシ)の違い


刷毛とブラシはよく似た道具ですが、作り方や歴史に違いがあります。日本では古くから、動物の毛を束にして、2枚の板で挟んで固定した刷毛が作られていました。刷毛は主に、化粧用など塗料を塗るための道具であり、柔らかな毛先が特徴です。

ブラシ1870年代に、フランスから日本に伝わりました。板にたくさんの穴を開けて、2つ折りにした動物の毛を、ひとつひとつの穴に植え込んで作られます。毛の根元の弾力を使ってほこりや汚れを払い落とすための道具であり、西洋文化の広がりとともに、家庭に広く普及しました。日本に伝わった当初は刷毛職人が製造を担い、「洋式刷毛」とも呼ばれていました。かなや刷子も創業当初は刷毛の専門店でしたが、1965(昭和40)年以降、西ドイツより各種ブラシ製造機を導入し、多種多様なブラシの製造に取り組んでいます。
刷毛(はけ)と刷子(ブラシ)の違い

厳選された天然素材

かなや刷子の刷毛やブラシは主に、馬や豚などの天然毛から作られます。天然毛には化学繊維と違って、使っているうちに少しずつ摩耗する性質があることから、毛先が広がらずに長く使い続けることができます。動物の毛は、同じ動物でもたてがみとしっぽなど、毛の生えていた場所によって硬さがまったく異なります。道具ごとに必要な硬さを見極めて、それに応じた毛を選ぶことが職人の仕事の第一歩。硬さの異なる毛をブレンドし、それぞれの使い道に応じた、ちょうどよい硬さを追求します。
厳選された天然素材

堅実低価なものづくり


かなや刷子は創業以来、堅実低価をモットーに、無駄を省いたシンプルなものづくりに取り組んできました。定価といっても商品の質を下げることは決してなく、製造はすべて日本で行っています。毛先が開きにくく長く使える歯ブラシなど、かなや刷子の製品は、価格に見合った価値のある製品ばかり。買ってよかったと納得できる、コストパフォーマンスに優れた製品がそろっています。

プロ御用達のラインナップ


刷毛とブラシの専門店であるかなや刷子では、美容師さんが使うヘアブラシ、料理人が使う刷毛、クリーニング屋さんの洋服ブラシなど、プロ仕様の道具を多数取り扱っています。同じ用途のものでも、大きさや硬さの異なる多彩な商品がそろっているのは、専門店ならではの魅力。創業以来100年以上に渡って日本の手仕事を支えてきた歴史と誇りが感じられる、迫力の品ぞろえです。

暮らしの道具をそろえた小売店


安価で見た目のきれいな化学繊維の登場に押されて天然毛のブラシは一時期下火となりましたが、使い込むほどによさの分かる使い心地から、近年、その価値が再び見直されています。かなや刷子では1998(平成10)年以降、3代目の大内秀雄氏が中心となって小売店を開設し、業務用の卸売りだけでなく家庭用の小売事業にも力を注いでいます。機能美あふれるレトロなデザインが人気を集め、地元の人たちだけでなく国内外から観光客も訪れ賑わっています。暮らしになじむデザインと使い心地のよさから、新たな人気を集めています。
暮らしの道具をそろえた小売店

カジュアルで気の利いた贈り物に


上質な天然毛のブラシは、大切な方への贈り物にも最適な品々です。自分で使ってその使い心地に感動し、家族やお友達への贈り物用に購入される方も多数います。リーズナブルな歯ブラシは、結婚式や職場で配るプチギフトに最適。女性への贈り物に喜ばれる上質なヘアブラシや、新築祝いや結婚祝いにぴったりな服ブラシなど、贈り物に適した様々な商品が展開されています。
カジュアルで気の利いた贈り物に

地域の歴史


刷毛の歴史はたいへん古く、平安時代の文献には既に、漆を塗るための刷毛についての記述があります。江戸時代中期の文献にはいろいろな形の刷毛が図入りで紹介されており、その中に「江戸刷毛」という名称が確認できることから、東京でも盛んに刷毛の生産が行われていたことが分かります。明治以降はフランスから伝わったブラシの生産が盛んになり、従来の刷毛職人たちがブラシの生産の担い手となりました。かなや刷子のある台東区には、耐久性の高い工業用ブラシを作る業者が多く集まり、手植えによるブラシの製法などが現在も受け継がれています。

かなや刷子 商品一覧

薬味用ブラシ、コップ・ビン洗い、タワシ



薬味刷毛

セイロ洗い

コップ洗い

ビン洗い

毛玉取りブラシ・服ブラシ



毛玉取りブラシ

服ブラシ

服ブラシ カシミヤ用

服ブラシ 洋服用

洗濯ブラシ



スパッチング
洗濯ブラシ丸柄

足袋洗いブラシ


糸巻きブラシ

歯ブラシ・爪ブラシ



歯ブラシ(小)
3本組

歯ブラシ(大)
3本組

爪ブラシ
両面

ヘアーブラシ



ヘアーブラシ
6行

ヘアーブラシ
10行角柄ロール

携帯用ヘアーブラシ
6行

ポケットヘアーブラシ
3行

清掃用品



何でも払いブラシ2

19 件中 1-19 件表示 








19 件中 1-19 件表示