廣田硝子

新入荷アイテム

TOP > 工房から選ぶ > 東京都(とうきょう) > 廣田硝子

廣田硝子

廣田硝子について

東京都墨田区に店舗を構える廣田硝子は、東京で最も歴史のある硝子メーカーのひとつです。愛され続けるロングセラーから一時生産中止になった製品の復刻シリーズまで豊富なラインナップで、グラスを中心とした上質な江戸硝子製品を生み出し続けています。

廣田硝子が大切にしているのは、昔から変わらない美しい技術を次の時代に続けていくこと。貴重なデザインの数々を創業時から受け継ぎ、途絶えた古い技術を復刻させるなど、長い歴史の中で培われてきた貴重な財産を後世に繋いでいきたいという強い思いがあります。そんな廣田硝子の職人たちが作り出す、日本文化を思わせるどこかレトロで懐かしい、それでいて現代の生活に自然となじむ江戸硝子。大切に受け継がれてきたものの美しさとぬくもりを教えてくれます。

明治32年創業、東京の歴史ある硝子メーカー

明治32年創業、東京の歴史ある硝子メーカー

廣田硝子の始まりは、1899(明治32)年に東京で初代廣田金太氏が創業した「廣田硝子店」です。当初は硝子販売事業を行っていましたが、輸入でしか手に入れることができなかった硝子製品を日本で作り、一般家庭にも広めていくことを徐々に目指すようになりました。初代は製造工場を自社で設け、硝子販売から硝子作りへと事業を拡大させていきます。

1920(大正9)年からは2代目の廣田榮次郎氏も新たな技術を積極的に取り入れていき、1950(昭和25)年に現在の「廣田硝子株式会社」を設立しました。戦後は機械による大量生産が一般的となっていきますが、廣田硝子は一貫して職人による手仕事へのこだわりを持ち続けます。2002(平成14)年から後を継いだ3代目の廣田達夫氏は、新商品の開発に力を入れていきます。大正時代にさかんに用いられた技術を復刻させた「大正浪漫」シリーズもこの時期に誕生しました。現在は4代目の廣田達朗氏を中心に、手仕事による伝統的な技術を継承しながら、現代のインテリアに調和する江戸硝子のプロダクトを作り続けています。

江戸硝子の歴史


東京都江戸川区や墨田区、江東区周辺で作られる硝子製品のことを江戸硝子といいます。江戸切子は、18世紀に鏡や風船などの日用品などが作られたことに始まり、加賀谷久兵衛と上総屋留三郎によって広まったとされています。硝子製品は機械による大量生産が一般的ですが、江戸硝子は職人の手作りで生み出される一点ものです。高温で溶けたガラスを巻き取って息を吹き込み、形を作り出すという江戸時代から受け継がれる伝統製法を用いて作られる質の高い製品は、現在も高く評価されています。2014年には、国の伝統工芸品として経済産業大臣の指定を受けました。
かつての技術を復刻させたシリーズ

かつての技術を復刻させたシリーズ


廣田硝子の製品は、一時生産中止となっていた製品を復刻させているシリーズがあることが特徴のひとつ。有名なものは、大正時期に用いられていた技術を3代目の廣田達夫氏が復刻させた「大正浪漫」シリーズです。大正浪漫に用いられているのは、骨灰という特別な素材を使って硝子に乳白色を作り出す「乳白硝子のあぶり出し技法」という技術。精密な金型を使用し乳白色の模様を出すこの技術は、多大な投資と職人たちの試行錯誤の末に復刻させることができた貴重なものです。大正時期に人気があったこの技術を用いて作られた硝子製品は、廣田硝子の他には現在ほとんど出回っていません。このように廣田硝子では、古くから伝わる美しい技術をひとつでも未来に繋げられるよう、魅力的な製品を生み出し続けています。
かつての技術を復刻させたシリーズ
ぬくもりのある手づくり製品

ぬくもりのある手づくり製品

廣田硝子は、「人の感性に訴える、手になじむぬくもりのある製品を作っていきたい」という思いを持ち続けています。戦後に始まった大量生産の波の中においても、職人の手づくりで作り出す江戸硝子の良さにこだわり続けました。時代の流れで変化していくものがたくさんあるのは当然であっても、代々受け継がれてきた貴重な技術がなくなってしまうのはもったいない。廣田硝子に伝わる美しい技術が、できる限りずっとこの先も続いていくものであるように、職人の手仕事によるぬくもりが伝わる硝子製品を提案しています。

海外からも評価される丁寧なものづくり


職人の技術が光る手づくりの硝子製品は、海外からも注目されています。2009年、2010年には、パリのメゾン・エ・オブジェやドイツのアンビエンテといった展示会に硝子の器を出展。アジアといえば漆器や陶器という印象がある中で出品した硝子製品は、乳白硝子食器を中心として高い評価を得ました。その後も、デザイナーとのコラボ製品であるペンダントライトを開発するなど新たな挑戦をしながら、国内はもちろん海外への販路も広げています。
海外からも評価される丁寧なものづくり

高級感のある硝子製品は
贈りものにぴったり

シンプルなフォルムと高級感のある繊細な装飾が魅力の廣田硝子のプロダクトは、贈りものにも最適です。グラスやその他のガラスの食器は割れやすいので安いもので済ませてしまうという方も多いですが、毎日使う器を丁寧に作られたこだわりのものに変えるだけで、生活の幅が広がり心も豊かになるということを、廣田硝子の製品は教えてくれます。レトロな雰囲気を持ちながら現代の暮らしに溶け込むデザインなので、どの年代の方からも喜ばれます。
ぬくもりのある手づくり製品

廣田硝子 商品一覧

こけしが酒器



モール

モール 盃

大正浪漫



冷茶

タンブラー

グラス

昭和モダン珈琲



カップ&ソーサー

雪の花



デザートトレー

洗鉢

フラッペ

小鉢

洗鉢とトレーのセット
ブルー

洗鉢とトレーのセット
古代色

東京復刻ガラスBRANCH&綾



東京復刻ガラスBRANCH
10オンスタンブラー

東京復刻ガラスBRANCH
5オンスタンブラー


10オンスオールド

醤油差し



復刻醤油差し

醤油差し

小注ぎ

シーズニング&カトラリー



手付ドレッシング(大)

手付ドレッシング(小)

ハニーマドラー

マドラースキ

がらすの箸

がらすの箸 金彩

ピック

ミニスプーン

耐熱スプーン

27 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ










27 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ