新入荷アイテム

TOP > 工房から選ぶ > 佐賀県(さが) > そうた窯 > 【佐賀県/そうた窯(そうたがま)】染付 呉須 十草 7.5寸正角皿

染付呉須 十草 7.5寸正角皿

一本一本丁寧に描かれたラインが美しい
洋風の料理にもぴったりのおしゃれな角皿

丁寧に引かれた手描きのラインに目を奪われる、美しい角皿。いつもの料理を盛り付けるだけで、食卓が上品な雰囲気をまといます。そうた窯では、有田焼の技法を守りながら現代の生活に合う、昔ながらの古典柄を親しみやすくアレンジした食器を制作しています。こちらで紹介する「染付呉須 十草 7.5寸正角皿」は、メイン料理や大皿料理にぴったりの、独特の十草文様が美しい角皿です。

職人の熟練の技により皿の縁まで美しく引かれた、縦縞の十草文様。この深い藍色のラインが、和の料理だけでなく洋風の料理の色も鮮やかに見せてくれるので、若い方にも使いやすいデザインです。一人分の料理を盛り付けたり、食卓の中央に置いて取り分け料理を載せたりとさまざまな用途で使える大きな角皿は、おしゃれなプレゼントとしても喜ばれるでしょう。


そうた窯について


佐賀県有田町の隣に位置する山内町で、諸隈直哉氏によって1997年に創業されたそうた窯。窯の名前は、曽祖父の山口惣太左衛門氏から付けられました。有田焼の窯元で生まれた諸隈氏は、旅館や料亭で使う割烹食器の制作が主流であった有田焼業界の中で、毎日使っても飽きがこない家庭用食器を制作する窯としてそうた窯を創業。有田焼の伝統技法を用いながら、現代のライフスタイルに合ううつわ作りを行っています。手になじむ温かみのあるフォルムに、古典柄を親しみやすくアレンジした文様を入れたうつわは、幅広い年齢層で愛されています。
そうた窯について

有田焼とは


有田焼は、佐賀県有田町とその周辺地域で製造される、陶器よりもさらに硬質な焼き物である磁器のことをいいます。日本には他にも備前焼、信楽焼などさまざまな優れた陶磁器がありますが、有田焼の大きな魅力は透き通るような白磁の美しさ。透明感のある白さは、欧州の貴族より「白い金」と称賛を浴びたこともあるほどです。また、白く硬い陶石を原料として1300度以上の高温で17時間以上かけて焼成することで、滑らかな質感と丈夫な硬さを併せ持つことも特徴のひとつ。扱いやすく耐久性が高い有田焼は、古くから地位の高い人々を中心として愛されており、現在は日常的に使える食器として重宝されています。
有田焼とは

使いやすさを重視した、温もりのある手づくり食器


現代の生活に取り入れやすい有田焼を制作するそうた窯のうつわは、手づくりならではの使いやすさが特徴のひとつ。口元は薄くつくり口あたりが良いように、底に近づくほど厚みを増して安定感が出るようにと、手仕事だからこそできる細かな調整を重ねて製品が作られています。機械では出せない微妙な厚みや質感を丁寧に作り上げることで、手に持ったときにしっくりとなじむ使いやすいうつわとなるのです。そうた窯が目指すのは、毎日使っても飽きずに長く愛される食器。ひとつひとつに使う人への思いやりが込められたうつわは、手づくりの温もりを伝えてくれます。
使いやすさを重視した、温もりのある手づくり食器

昔から人気の十草の文様を、
手描きで一本一本丁寧に

まっすぐ上に伸びるトクサ科トクサ属の植物を表現した縦縞の柄を、十草文様といいます。混色のものや線に強弱がつけられたものなど、シンプルな文様だからこそさまざまな形でアレンジされてきました。そうた窯の呉須 十草 7.5寸正角皿の文様は、縁から中央に向かって一本一本丁寧に線が集められたデザイン。それぞれ微妙に太さや濃淡が異なる藍色の線が味わい深く、手作業だからこそ表現できる、シンプルながら温かみのある文様となっています。呉須の落ち着いた藍色で丁寧に描かれたラインは、ほっと気持ちを落ち着かせてくれるでしょう。
昔から人気の十草の文様を、手描きで一本一本丁寧に
皿の縁まで引かれた繊細なラインが、料理を引き立てる

皿の縁まで引かれた繊細なラインが、
料理を引き立てる

一本一本丁寧に引かれた繊細なラインは、縁から中心に向かってなめらかに伸びていきます。それぞれが絶妙な間隔を保ちながら大きな皿一面に施された文様は、余白を残してゆったりと盛り付けるときも、サラダなどのかさがある料理をたっぷり入れるときも、程よい存在感で料理の鮮やかさを引き立ててくれるでしょう。また、皿の裏側の高台は浅いS字になっているので、洗ったときの水切れがよく溝に水が溜まってしまう心配もありません。

大きな角皿は、メイン料理にぴったり

染付呉須 十草 7.5寸正角皿は、肉料理や揚げ物と付け合わせなど、メイン料理を載せるのにちょうどいいサイズです。一人分の料理をゆったりと盛り付けることができるので、いつもの料理もより豪華に、美味しそうに見せることができます。また、大皿料理を入れてテーブルの中央に置けば、華やかでありながらも主張しすぎない繊細な文様が、上品な食卓を演出してくれるでしょう。深みのある藍色は、どんな料理を盛り付けてもその美味しさを引き立ててくれるので、載せるものを選びません。
大きな角皿は、メイン料理にぴったり

一枚持っていると何かと使える角皿は、贈りものにも


メイン料理に使える大きな皿は、なかなか自分で買う機会が少ないもの。しかし一枚持っていると、その日の料理にぴったり合う皿を選べたり、おもてなしの場で活躍したりと何かと使えて便利です。染付呉須 十草 7.5寸正角皿は、シンプルでありながらしっかりと料理を引き立て、毎日使っても飽きることのないデザインなので、特別なギフトにもぴったり。贈られると嬉しい、使い勝手のよいサイズです。和の料理だけでなく洋風のメニューも上品に見せてくれるおしゃれな角皿なので、若い方にも喜ばれるでしょう。

お手入れ方法


・中性洗剤と柔らかいスポンジで洗ってください。硬いスポンジで洗ったり、ゴシゴシ強く洗ったりすることはお避けください。
・基本的には食洗機対応ですが、特に薄い食器などは他の食器とぶつからないようにご注意ください。
・色絵や金彩などは、強く洗うと色が落ちることがあるのでご注意ください。

【佐賀県/そうた窯(そうたがま)】染付 呉須 十草 7.5寸正角皿
【佐賀県/そうた窯(そうたがま)】染付 呉須 十草 7.5寸正角皿
【佐賀県/そうた窯(そうたがま)】染付 呉須 十草 7.5寸正角皿

一本一本丁寧に描かれたラインが美しい。洋風の料理にもぴったりのおしゃれな角皿
【佐賀県/そうた窯(そうたがま)】染付 呉須 十草 7.5寸正角皿

商品番号 0139S032

※在庫切れの場合は当店より納期をお伝えいたします。

商品についてのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

価格6,600円(消費税込:7,260円)

[当店で使えるお買い物ポイント330ポイント進呈 ](1ポイント=1円)

数量

10,000円(税抜)以上で全国送料無料


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明
佐賀県有田町の隣に位置する山内町で、諸隈直哉氏によって1997年に創業されたそうた窯。有田焼の伝統技法を用いながら、現代のライフスタイルに合ううつわ作りを行っています。手になじむ温かみのあるフォルムに、古典柄を親しみやすくアレンジした文様を入れたうつわは、幅広い年齢層で愛されています。

「染付呉須 十草 7.5寸正角皿」は、メイン料理や大皿料理にぴったりの、独特の十草文様が美しい角皿です。職人の熟練の技により皿の縁まで美しく引かれた、縦縞の十草文様。この深い藍色のラインが、和の料理だけでなく洋風の料理の色も鮮やかに見せてくれるので、若い方にも使いやすいデザインです。一人分の料理を盛り付けたり、食卓の中央に置いて取り分け料理を載せたりとさまざまな用途で使える大きな角皿は、おしゃれなプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

商品情報
ブランド そうた窯(そうたがま)
生産地 佐賀県武雄市
サイズ 幅23.5cm×奥行23.5cm×高さ2.5cm
重量 780g
材質 磁器
備考 化粧箱:×

配送・ギフト
メール便 不可
ギフト包装 ラッピング / メッセージカード / 熨斗

ご注文の前にご確認ください
手描きの商品につき、ひとつひとつの文様に濃淡・線の太さの違いがあります。

お手入れ方法
・中性洗剤と柔らかいスポンジで洗ってください。硬いスポンジで洗ったり、ゴシゴシ強く洗ったりすることはお避けください。
・基本的には食洗機対応ですが、特に薄い食器などは他の食器とぶつからないようにご注意ください。
・色絵や金彩などは、強く洗うと色が落ちることがあるのでご注意ください。

よく利用されるシーン
内祝い/結婚祝い/退職祝い/結婚記念日/誕生祝い/銀婚式/金婚式/結婚式お返し/出産祝い/お祝い返し/お返し/お祝い/入学祝い/就職祝い/還暦祝い/御祝/お礼/プレゼント/誕生日/贈り物/ギフト/引越し祝い/新築祝い/開店祝い/記念日/還暦/古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿/お中元/御歳暮/2次会/忘年会/家族/母の日/お母さん/父の日/お父さん/敬老の日/新年の挨拶/バレンタイン/ホワイトデー/クリスマス/10周年/100周年/周年祭/お土産/粗品/学校設立/法人設立/上場記念/周年祭/設立記念/独立記念/引き出物/ノベルティ/法人/企業/コンペ/上司/社長/年上/20代/30代/40代/50代/60代/70代/80代/90代/日本/伝統工芸/伝統文化/和風/和/モダン/北欧/シンプル



おすすめ商品