新入荷アイテム

TOP > 工房から選ぶ > 福岡県(ふくおか) > 筒井時正玩具花火製造所 > 【福岡県/筒井時正玩具花火製造所(つついときまさがんぐはなびせいぞうしょ)】西の線香花火 スボ手牡丹

筒井時正玩具花火製造所 西の線香花火 スボ手牡丹

日本の夏を贈る


日本の夏の風物詩といえば、花火。中でも線香花火は、日本人なら誰もが一度は遊んだ思い出のある花火です。しかしながら、現在売られている線香花火のほとんどが外国産なのをご存知ですか。
日本に3社しか残っていない国産の線香花火メーカーのひとつ、筒井時正玩具花火製造所が作るのは、伝統を守りながら新たな形で国産花火の魅力を伝える、こだわりの花火の数々。スタイリッシュな現代風にデザインされた珍しいものから、子どもも楽しめるかわいらしい見た目のもの、贈答品にもできるよう桐箱に収められたものまで、大量生産の安価な花火では再現できない、個性的な花火を生み出しています。
大切な人へのプレゼントや、特別な夏の思い出に、国産の花火を選ばれてはいかがでしょうか。

筒井時正玩具花火製造所

筒井時正玩具花火製造所とは

福岡県みやま市にある筒井時正玩具花火製造所は、90年ほど前から子ども用の花火、いわゆる玩具花火を製造している会社です。
1999年、とある国内唯一の線香花火の製造所が廃業を迎えたとき、3代目・筒井良太さんが線香花火の製造技術を継承するためにその製造所で修行し、道具も、職人も、すべてを引き継ぎました。そこから国産の高品質な線香花火を作るため、改めて火薬などの配合からすべてを見直し、ブランディングの戦略、デザインも一新。伝統の製造技術を大切に守りながら、新たな形で次世代へ繋いでいこうと情熱を注いでいます。


西の花火、東の花火


一口に線香花火といっても、実は西日本と東日本では歴史が異なります。 江戸時代に初めて作られた線香花火は、竹ひごや藁(ワラスボ)の先端に火薬が塗られた「スボ手」と呼ばれるもの。米作りが盛んで藁が豊富にあった関西ではこのかたちが主流でした。
一方、和紙に火薬が包まれた線香花火は、いわゆる“東の花火”。「長手」と呼ばれる形状で、江戸ではスボ手の材料となる藁が手に入りにくく、代わりに紙すきが盛んだったことからこの形が登場し、新しもの好きの江戸っ子に大流行。日本各地に広まっていきました。 スボ手と長手、どちらも作っている製造所は、今では筒井時正玩具花火製造所だけとなっています。今となっては貴重な東西の花火を比べて楽しむのもまた、新しい花火の楽しみ方ではないでしょうか。

西の花火、東の花火

こだわりの素材


西の花火と東の花火、どちらもこだわりの素材で作られています。
西の花火「スボ手」を日本で唯一製造している筒井時正玩具花火製造所。原材料となる稲ワラを守るために米づくりも自分たちで始め、お客さまも一緒に田植えや稲刈り、花火作りを楽しむ体験型のイベントにまで昇華させています。
東の花火「長手」の素材である紙は、厚さ、目の細かさによって火のまわり方がまるで変わります。そこで、福岡県八女市の手すき和紙を使うことにこだわり、火の勢いがスムーズに伝わるように工夫しています。

こだわりの素材

国産線香花火の特徴


線香花火は、火をつけてから落ちるまでの間に大きく4段階に変化します。その変化がはっきりと出るのは、国産品ならでは。大きく美しく飛ぶ火花は、きっとこれまでに見たことのないほど。「蕾、牡丹、松葉、散り菊」と、移り変わっていく様子に花の名前を付けじっくりと楽しむのは、日本らしい趣ですね。

蕾(つぼみ)

点火とともに、命が宿ったかのように酸素を吸い込みながらどんどん大きくなっていく火の玉。今にも弾けそうな瞬間は、さながら花を咲かせる前の「蕾」のようです。

牡丹(ぼたん)

やがてパチッ、パチッと一つずつ、力強い火花が散り出します。称して「牡丹」。迷いながらも一歩一歩進んでいく青春時代を彷彿させます。火花の間隔は、徐々に短く…。

松葉(まつば)

やがて勢いを増し、「松葉」のように次々と火花が飛び出します。結婚や出産、子供の成長、優美な火のアーチを眺めていると、不思議と幸せな出来事が重なります。

散り菊(ちりぎく)

火花が一本、また一本と落ちていく「散り菊」。静かに余生を送る晩年といえます。赤から黄に変わった火の玉が光を失った瞬間、線香花火の一生は幕を閉じるのです。


熟成させて味わう


玩具花火はひと夏過ぎると使えなくなってしまうものがほとんどですが、いい素材を使った線香花火はまるでワインのごとく熟成します。天然の素材なので、火薬が呼吸をするように湿気を吸ったり吐いたりして、2〜3年経つとさらによい火花を出すといいます。それもまた、国産の花火ならではの楽しみ方です。

熟成させて味わう

西の線香花火 スボ手牡丹


300年変わらない線香花火の原形です。線香花火は藁(ワラスボ)の先に火薬を付け、それを線香のように香炉に立てて、火をつけて遊んでいたことが始まりだと言われています。米作りが盛んな関西地方には、藁が豊富にあったため、このスボ手牡丹は関西地方を中心に親しまれてきました。
現在、国内でこの花火を製造しているのは当製造所のみとなりました。

【遊び方】
1.ワラスボの端を持ち、風下に向けて着火します。花火の先端を斜め上に傾けて、体からできるだけ離して火をつけてください。
2.火の玉ができ、火の粉が30cm四方に吹出します。火のついた側を上に、斜め40度の角度で持って楽しみます。
※強い風で火花を散らすのが特徴です。風が弱いときは息を吹きかけて風を当てるときれいな火花がはじけます。

入り数 15本(1箱当たり)
商品寸法 160 × 30 × 13 mm

西の線香花火 スボ手牡丹西の線香花火 スボ手牡丹
工房情報を見る
【福岡県/筒井時正玩具花火製造所(つついときまさがんぐはなびせいさくしょ)】西の線香花火 スボ手牡丹
【福岡県/筒井時正玩具花火製造所(つついときまさがんぐはなびせいさくしょ)】西の線香花火 スボ手牡丹
【福岡県/筒井時正玩具花火製造所(つついときまさがんぐはなびせいさくしょ)】西の線香花火 スボ手牡丹

【福岡県/筒井時正玩具花火製造所(つついときまさがんぐはなびせいぞうしょ)】西の線香花火 スボ手牡丹

商品番号 0136T005

※在庫切れの場合は当店より納期をお伝えいたします。

商品についてのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

価格600円(消費税込:660円)

[当店で使えるお買い物ポイント30ポイント進呈 ](1ポイント=1円)

[ 送料パターン 通常送料 ]

数量

この商品についてのお問い合わせ

10,000円(税抜)以上で全国送料無料


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明
福岡県みやま市にある筒井時正玩具花火製造所は、90年ほど前から子ども用の花火、いわゆる玩具花火を製造している会社。初代の筒井時正さんはネズミ花火の考案者として知られます。今は日本に3社しか残っていない国産の線香花火メーカーのひとつとして、古くからの知恵や技を守ることはもちろん、新たなオリジナル花火の卸やワークショップ、情報発信などの活動を通じて、日本全国、さらには世界に向けて国産花火の魅力を伝えています。

西の線香花火 スボ手牡丹
300年変わらない線香花火の原形です。線香花火はワラスボの先に火薬を付け、それを香炉に立てて火をつけて遊んでいたことが、始まりだと言われています。米作りが盛んな関西地方には、ワラが豊富にあったため、このスボ手牡丹は関西地方を中心に親しまれてきました。
現在、国内でこの花火を製造しているのは当製造所のみとなりました。

商品情報
ブランド 筒井時正玩具花火製造所(つついときまさがんぐはなびせいぞうしょ)
生産地 福岡県みやま市
サイズ 約16×3×1.3cm
入り数 15本(1箱当たり)
材質 松煙、藁(ワラスボ)
備考 化粧箱:○

配送・ギフト
ネコポス 不可
ギフト包装 ラッピング / ギフトカード / 熨斗

使用方法

・火の玉ができ、火の粉が約30センチメートル四方に吹出します。
・着火の際はワラスボの端を持って風下に向けます。花火の先端を斜め上に傾けて、身体からできるだけ離して花火の先端にローソクで火をつけてください。

ご注文の前にご確認ください
・ひとつひとつ職人の手仕事によりつくられているため、多少の個体差があります。
・商品の取扱説明書をよく読んで安全に十分気を付けてご使用ください。

よく利用されるシーン
内祝い/結婚祝い/退職祝い/結婚記念日/誕生祝い/銀婚式/金婚式/結婚式お返し/出産祝い/お祝い返し/お返し/お祝い/入学祝い/就職祝い/還暦祝い/御祝/お礼/プレゼント/誕生日/贈り物/ギフト/引越し祝い/新築祝い/開店祝い/記念日/還暦/古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿/お中元/御歳暮/2次会/忘年会/家族/母の日/お母さん/父の日/お父さん/敬老の日/新年の挨拶/バレンタイン/ホワイトデー/クリスマス/10周年/100周年/周年祭/お土産/粗品/学校設立/法人設立/上場記念/周年祭/設立記念/独立記念/引き出物/ノベルティ/法人/企業/コンペ/上司/社長/年上/20代/30代/40代/50代/60代/70代/80代/90代/日本/伝統工芸/伝統文化/和風/和/モダン/北欧/シンプル