我戸幹男商店

新入荷アイテム

TOP > 工房から選ぶ > 石川県(いしかわ) > 我戸幹男商店

我戸幹男商店

我戸幹男商店


我戸幹男商店は明治41(1908)年、山中漆器の生産地として知られる石川県の山中温泉地区で、我戸木工所として創業しました。

山中漆器は、轆轤(ろくろ)で挽いた木地の美しさを最大の持ち味とする漆器です。我戸木工所では山中漆器の木地師であった創業者・我戸幹男の理念を受け継ぎ、木地の完成度にこだわった製品を数多く作り上げてきました。近年は、山中漆器の伝統にデザイナーの新しい感性を融合させた新しい漆器を世に送り出し、新たな注目を集めています。

現代の暮らしに馴染むデザインでありながら、その端正なたたずまいと使う人を魅了する圧倒的な美しさは、歴史と伝統ある山中漆器ならではのもの。日々の暮らしを豊かにしてくれる工芸品として、ぜひ手元に置きたい存在です。


山中漆器とは


漆器の生産が盛んな石川県には「木地の山中」「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」と呼ばれる3つの漆器産地があります。山中漆器は「木地の山中」と呼ばれる通り、木地の美しさを最大の特徴とする漆器です。轆轤を使った精巧な木地づくりや、表面に模様を刻む加飾挽きにおいて、独自性の高い高度な技術が受け継がれています。

精巧で丈夫な縦木取り

精巧で丈夫な縦木取り

漆器づくりは、天然木の丸太から素材を切り出すことから始まります。他の漆器産地では、丸太を縦の板状に切ってから木地を取る「横木取り」が一般的ですが、山中漆器では輪切りにした丸太から木地を取る「縦木取り」が主流です。「縦木取り」で作られる木地は、木が育つ方向に沿って切り出されているため狂いが生じにくく、精巧な加工に適しています。1本の丸太から切り出せる数が少なく、割高になるため、とても贅沢な切り出し方だと言えるでしょう。

卓越した轆轤の技術

卓越した轆轤の技術

山中漆器の素晴らしさは、木地師たちの卓越した技術によって支えられていると言っても過言ではありません。光が透けて見えるほど薄い「薄挽き」や、カンナの種類と微妙な力加減で模様を刻む「千筋」などの加飾挽きは、山中漆器の木地師が誇る独自の技術。茶筒など蓋物の合い口の精度にも、他の産地の追随を許さぬものがあります。

木目を引き出す拭漆

木目を引き出す拭漆

山中漆器の仕上げには、木地の美しさが際立つ「拭漆」の技法が用いられます。漆を厚く塗り重ねる漆器とは違い、木目が透けて見えることが特徴です。漆を薄く塗ってすぐに拭き取る作業を繰り返すことで、透明感のある光沢の中に、天然の木目が力強く浮かび上がります。


山中漆器の歴史


山中漆器の歴史は約400年前、安土桃山時代にまでさかのぼります。越前の国を出て山々を渡り歩きながら生活していた木地師の一団が、石川県加賀市山中温泉の真砂という集落に定住したことが始まりだとされています。

当時、山中温泉には多くの湯治客が訪れており、彼らの作る漆器は土産物として人気を集めました。江戸中頃からは、塗りや蒔絵の技術を会津、京都、金沢などから導入して、漆器の産地として発展しました。

その後、天保年間には蒔絵師である会津屋由蔵が活躍し、弘化年間には糸目挽きの名工、蓑屋平兵衛が名をはせたました。さらに近代では、加飾挽きの名工と呼ばれる築城良太郎らが活躍し、山中漆器発展の基礎が築かれました。

山中漆器の歴史

我戸幹男商店の商品の特徴


我戸幹男商店の製品は、山中漆器が誇る職人の技術と、デザイナーのコラボーレションによって作り出されています。芸術性の高さと実用性を兼ね備えたデザインが特徴で、熟練した轆轤職人による精巧な加工が、凜としたたたずまいを生み出しています。素材はすべて国産材を使い、国内で加工・製造されています。

新製品を開発する際は、そのシルエットへのこだわりに、並々ならぬ情熱が注がれています。日本の伝統的な和の美意識に基づいて無駄な要素を削ぎ落とし、いつの時代でも、誰が見ても、美しいと感じられる形を追求しています。

デザイナーによって計算され尽くしたたシルエットは、卓越した技術を持つ轆轤職人の手によって、寸分違わぬ精度で再現されます。

山中漆器の歴史

地域の歴史


江戸時代、石川県では加賀藩前田家が取り組んだ文化奨励策によって、数々の伝統工芸が発展を遂げました。加賀百万石の栄華の下、輪島塗、九谷焼、加賀友禅などの伝統文化が華開き、今も脈々と受け継がれています。

現在、工芸王国と称される石川県には36種類の伝統工芸が受け継がれており、国指定の伝統工芸品である山中漆器もそのひとつ。漆を幾重にも塗り重ねる輪島塗、高度で繊細な蒔絵が特徴の金沢漆器と並んで、山中漆器は石川県を代表する漆器の3大産地のひとつに数えられています。

山中漆器が作られる山中温泉地区は、開湯1300年の歴史を持つ渓谷の温泉地。日本海の幸が堪能できることから文化人たちの交流の場としても栄え、この地を拠点に数々の伝統文化が発展しました。山中漆器をはじめ、世界的に評価の高い九谷焼や、日本3大民謡のひとつに数えられる山中節など、日本を代表する伝統文化が今なおこの地に息づいています。

地域の歴史

茶筒


KARMI 実 Fuki

KARMI 実 Sumi

KARMI 頸 Soji

KARMI 頸 Fuki

KARMI 頸 Sumi

KARMI 菱 Soji

KARMI 菱 Fuki

KARMI 菱 Sumi

KARMI 礎 Soji

KARMI 礎 Fuki

KARMI 礎 Sumi

KARMI 俵 Soji

KARMI 俵 Fuki

KARMI 俵 Sumi

椀・ボウル


紅桜・夜桜 飯椀

紅桜・夜桜 汁椀

TASAI ボウル S

TASAI ボウル M

TASAI ボウル L

SINAFU 汁椀 Plain

TSUMUGI 一汁三菜椀

TSUMUGI 汁椀 毬型

TSUMUGI 汁椀 駒型

TSUMUGI 汁椀 仙才

湯呑・カップ


うすびき カップ M

うすびき カップ L

SAKURA 湯呑 たまご

SAKURA 湯呑 筒型

TASAI カップ plain

TASAI カップ brown

TASAI カップ black

あえか カップ

TOHKA WINE
ブルゴーニュ

TOHKA WINE
ボルドー

TOHKA Champagne
ブリュット

TOHKA Champagne
ロゼ

箸・弁当箱


利休箸

箸箱

スリム二段弁当(21cm) 拭漆

33 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ










33 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ