新入荷アイテム

TOP > 素材から選ぶ > 硝子 > 【東京都/廣田硝子(ひろたがらす)】小注ぎ

小注ぎ

コンパクトなサイズで使い道いろいろ
伝統的なねじ式醤油差し

コンパクトなサイズで使いやすい、昔ながらのねじ式醤油差し。醤油はもちろん、他のものを入れても使える便利な小注ぎを、いつもの食卓の中に加えてみませんか。廣田硝子では、グラスを中心とした硝子製品が展開されています。こちらで紹介する「小注ぎ」は、廣田硝子が展開している中で最も小さいサイズの醤油差しです。

廣田硝子では、創業時よりさまざまな醤油差しを作ってきました。その中でも最もコンパクトな小注ぎは、レトロなデザインで、歴史あるねじ式の注ぎ口を採用していながらも、現代に使いやすい醤油差しです。それぞれに醤油や酢などを入れていくつかの小注ぎをそろえれば、きっと食卓が豊かになることでしょう。


廣田硝子について


東京都墨田区に店舗を構える廣田硝子は、東京で最も歴史のある硝子メーカーのひとつです。愛され続けるロングセラーから一時生産中止になった製品の復刻シリーズまで豊富なラインナップで、グラスを中心とした上質な江戸硝子製品を生み出し続けています。日本文化を思わせるどこかレトロで懐かしい、それでいて現代の生活に自然となじむ硝子製品が、大切に受け継がれてきたものの美しさとぬくもりを教えてくれます。
明治32年創業、東京の歴史ある硝子メーカー

明治32年創業、東京の歴史ある硝子メーカー

廣田硝子の始まりは、1899(明治32)年に東京で初代廣田金太氏が創業した「廣田硝子店」です。当初は硝子販売事業を行っていましたが、徐々に硝子作りへと事業を拡大させていきます。1920(大正9)年からは2代目の廣田榮次郎氏も新たな技術を積極的に取り入れていき、1950(昭和25)年に現在の「廣田硝子株式会社」を設立しました。戦後は機械による大量生産が一般的となっていきますが、廣田硝子は一貫して職人による手仕事へのこだわりを持ち続けます。2002(平成14)年から後を継いだ3代目の廣田達夫氏は、途絶えた技術の復刻に力を入れ、「大正浪漫」シリーズを復刻させました。現在は4代目の廣田達朗氏を中心に、手仕事による伝統的な技術を継承しながら、現代のインテリアに調和する江戸硝子のプロダクトを作り続けています。

醤油差しの中で最もコンパクトな
「小注ぎ」

廣田硝子では、創業時からさまざまな醤油差しを作ってきました。サイズはもちろん、デザインや注ぎ口の形がそれぞれ異なる豊富なラインナップが展開されています。その中でも最も小さいサイズの醤油差しがこちらの「小注ぎ」。一般的な醤油差しのサイズの半分以下の容量なので、醤油以外にも酢やポン酢など他のものを入れて、大きめの醤油差しと一緒に使うこともできます。小注ぎのみいくつかそろえてそれぞれの調味料ごとに使い分けたり、大きめの醤油差しとセットで使ったりと、さまざまな使い方ができる優れものです。
醤油差しの中で最もコンパクトな「小注ぎ」
歴史ある「ねじ式」の注ぎ口

歴史ある「ねじ式」の注ぎ口

廣田硝子の小注ぎの注ぎ口は、昔ながらの「ねじ式」を採用しています。小注ぎよりも大きなサイズの醤油差しで使われているのは、ねじ式の後に廣田硝子が考案した「すり口」。すりガラスを使うことでフタと本体をしっかり擦り合わせ、液だれを防ぐ仕組みです。小注ぎで採用されている「ねじ式」は、ねじの形のフタを本体に被せる歴史ある注ぎ口。すりガラスを使用していないシンプルなフタが、よりあたたかな懐かしさを感じさせます。小注ぎのねじ式はフタの形を工夫しているので、液だれはしづらい仕様となっています。

懐かしさを感じる色とデザインは4種類


コンパクトなサイズで用途が幅広い小注ぎのデザインとカラーは、それぞれ2種類から選ぶことができます。「千筋」はコロンとした丸みが可愛らしいデザインで、細かく横に入ったラインがアクセント。「十草」はビンのように注ぎ口が細くなった形で、縦に細かくラインが入っています。どちらも昔ながらの食卓を思わせる、レトロなフォルムが魅力です。また、2種類のカラーのひとつは、すっきりと爽やかでどこか懐かしい青色。主張しすぎず控えめに色づいて、どんな食卓にもなじんでくれます。もうひとつはシンプルな透明です。中に入れる醤油などの色を鮮やかに見せてくれるとともに、アクセントになっているシンプルなラインがより際立ち、光を集めて輝きます。デザイン違いや色違いで、別々の調味料を使い分けるのもおすすめです。
懐かしさを感じる色とデザインは4種類

普段使いにもおもてなしにも使える、
いくつもそろえたい小注ぎ

醤油以外にも酢やポン酢などさまざまな調味料を入れられる小注ぎは、デザインや色が異なるものをいくつかそろえて一緒に使うとより便利。コンパクトなサイズなので場所もとらず、控えめな存在感で食卓の質を上げてくれます。普段使いはもちろん、美しく輝く硝子が高級感を演出してくれるので、おもてなしの場にも最適です。上品でありながらどこか懐かしい雰囲気を持つ小注ぎは、どなたにも気に入ってもらえるでしょう。
普段使いにもおもてなしにも使える、いくつもそろえたい小注ぎ

お手入れ方法


・使い始めや使用後は、柔らかいスポンジ(柄付スポンジ推奨)に中性洗剤をつけて洗ってください。硝子を傷つける恐れのある研磨剤入りのスポンジ、金属たわし、クレンザーなどを使用しますと破損の原因になります。
・急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。温まっている硝子に冷たいものを載せたり、濡れたところに置いたりしないでください。
・硝子に傷がつくと破損しやすくなります。硝子同士あるいは硬いものとぶつからないように扱ってください。
・電子レンジ、オーブン、直火、食器洗い乾燥機などにはご使用になれません。
廣田硝子 工房情報

醤油差し



復刻醤油差し

醤油差し

小注ぎ
【東京都/廣田硝子(ひろたがらす)】小注ぎ
【東京都/廣田硝子(ひろたがらす)】小注ぎ
【東京都/廣田硝子(ひろたがらす)】小注ぎ

コンパクトなサイズで使い道いろいろ伝統的なねじ式醤油差し
【東京都/廣田硝子(ひろたがらす)】小注ぎ

商品番号 0138K025

※在庫切れの場合は当店より納期をお伝えいたします。

商品についてのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

価格780円(消費税込:858円)

[当店で使えるお買い物ポイント39ポイント進呈 ](1ポイント=1円)

種類  
千筋
十草 ×
千筋 透明
十草 透明
数量

10,000円(税抜)以上で全国送料無料


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明
東京都墨田区に店舗を構える廣田硝子は、東京で最も歴史のある硝子メーカーのひとつです。愛され続けるロングセラーから一時生産中止になった製品の復刻シリーズまで豊富なラインナップで、グラスを中心とした上質な江戸硝子製品を生み出し続けています。日本文化を思わせるどこかレトロで懐かしい、それでいて現代の生活に自然となじむ硝子製品が、大切に受け継がれてきたものの美しさとぬくもりを教えてくれます。

廣田硝子では、創業時よりさまざまな醤油差しを作ってきました。その中でも最もコンパクトな小注ぎは、レトロなデザインで、歴史あるねじ式の注ぎ口を採用していながらも、現代に使いやすい醤油差しです。それぞれに醤油や酢などを入れていくつかの小注ぎをそろえれば、きっと食卓が豊かになることでしょう。

商品情報
ブランド 廣田硝子(ひろたがらす)
生産地 東京都
サイズ <千筋>直径5.8cm×高さ6.4cm 50ml
<十草>直径5.2cm×高さ6.4cm 40ml
材質 硝子
備考 化粧箱:×

配送・ギフト
メール便 不可
ギフト包装 ラッピング / メッセージカード / 熨斗

ご注文の前にご確認ください
商品の製法上、形、色合い、寸法等に若干のばらつきが出ることや、やむをえず小さな気泡などが混入することがありますが、品質に問題はありません。あらかじめご了承ください。
ガラス製品をお買い求めのお客様へ

お手入れ方法
・使い始めや使用後は、柔らかいスポンジ(柄付スポンジ推奨)に中性洗剤をつけて洗ってください。硝子を傷つける恐れのある研磨剤入りのスポンジ、金属たわし、クレンザーなどを使用しますと破損の原因になります。
・急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。温まっている硝子に冷たいものを載せたり、濡れたところに置いたりしないでください。
・硝子に傷がつくと破損しやすくなります。硝子同士あるいは硬いものとぶつからないように扱ってください。
・電子レンジ、オーブン、直火、食器洗い乾燥機などにはご使用になれません。

よく利用されるシーン
内祝い/結婚祝い/退職祝い/結婚記念日/誕生祝い/銀婚式/金婚式/結婚式お返し/出産祝い/お祝い返し/お返し/お祝い/入学祝い/就職祝い/還暦祝い/御祝/お礼/プレゼント/誕生日/贈り物/ギフト/引越し祝い/新築祝い/開店祝い/記念日/還暦/古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿/お中元/御歳暮/2次会/忘年会/家族/母の日/お母さん/父の日/お父さん/敬老の日/新年の挨拶/バレンタイン/ホワイトデー/クリスマス/10周年/100周年/周年祭/お土産/粗品/学校設立/法人設立/上場記念/周年祭/設立記念/独立記念/引き出物/ノベルティ/法人/企業/コンペ/上司/社長/年上/20代/30代/40代/50代/60代/70代/80代/90代/日本/伝統工芸/伝統文化/和風/和/モダン/北欧/シンプル



おすすめ商品