新入荷アイテム

TOP > 工房から選ぶ > 岩手県(いわて) > 丸三漆器 > 【岩手県/丸三漆器(まるさんしっき)】秀衡椀 花丸

 
丸三漆器100周年を記念して作られた漆椀。
漆絵を描く職人“加飾師”によって、秀衡塗の漆絵の特徴でもある草花が可愛らしく描かれています。
華美すぎず、秀衡塗の華やかさは残したデザイン。
適度に光沢を抑えた加飾は、漆本来のうつくしい艶を引き出し、華やかさの中にも気品や風格を感じさせます。
 
 
 
 
 
口径が約14cmと広めのお椀は、お雑煮はもちろん、煮物などの料理を盛る器としても ぴったりです。
 
 
 
 
秀衡塗が産まれたのは、平安時代末期、陸奥の国・平泉で奥州藤原氏が「みちのくの王者」として栄華を極めた時代。第3代当主・藤原秀衡が京から職人を呼んで、この地でとれた漆や金を惜しまずに使ってつくらせた「秀衡椀」が、秀衡塗の起源と言われています。

奥州藤原氏が滅んでから数百年の間、秀衡椀の歴史は謎に包まれていますが、江戸時代後期からは、奥州藤原氏にゆかりのある中尊寺近くの衣川村で秀衡塗による漆器生産が続いていました。現在では岩手県内の複数の地域にて生産が行なわれています。

秀衡椀を生み出した藤原秀衡の豪華絢爛な暮らしぶり、金の採掘によって巨万の富を得たこの地の人々の生活、そして奥州藤原氏滅亡後の歴史。

このはるかな時代の流れを秀衡塗はどう見てどう生き永らえてきたのか。
そんな歴史に想いをはせてみたくなる神秘的な魅力が秀衡塗にはあります。
 
 
 
木地作りから下地づくり、塗り、絵付けの仕上げまで
15以上ある工程を丸三漆器の職人が丹念に手掛けています。
 

1.木地作り

2.木地固め

3.布着せ

4.布目摺り

5.切り粉付け

6.化粧錆

7.錆止め

8.下塗り・中塗り 

9.研磨

10.上塗り

11.置目

12.雲地描き

13.箔貼り

14.上絵付け

15.箔止め 

 
1.木地作り

冬に山から切り出されたブナ、ケヤキ、トチ等の天然木丸太で椀の土台になる木地を作ります。木地師はそれらの丸太を椀の形に仕上げていきます。漆が映えるよう、使いやすいようにと木地の形や丸み、厚み等を確認しながら仕上げまで丹念に作り込んでいきます。特に乾燥は我や変形の原因になることから、短いものでも1年、長いものでは10年以上の期間を乾燥に費やします。

8.下塗り・中塗り

均一に漆がのびるように注意しながら、刷毛を様々な方向に動かしながら全体に下塗り漆を薄く塗っていきます。始めにフチ、次に平らな面と、塗る場所にも順番があります。
13.箔貼り

漆器を風呂に入れ、漆が半乾きになったら金箔を貼り付けます。金箔は和紙に挟まれていますが、あらかじめ和紙ごとはさみで菱形に裁断しておきます。箔貼りは筆に水を含ませ、和紙の面を筆先につけてそのまま所定の位置に置きます。
14.上絵付け

朱漆等、顔料を混ぜた漆で文様を描きます。
15.箔止め

生漆を綿につけて金箔部分に擦り込み、漆の皮膜を作ります。金箔の摩滅を防ぎ、鮮やかな色合いを出すことができます。
 
 
 
 
<1> 新しい漆器の匂いは、ぬるま湯で洗ってからからぶきをしたあと、 ふきんにうすめた酢をつけて、品物の内側をよく拭いてください。 なお一、二回風通しの良い場所に置いてからご使用になれば漆の匂いはとれます。また匂いがとりきれない時は米櫃の中へ数日間 入れておくと完全にとれます。
 
<2> 良い艶を永く保つため、いきなり強く拭かず柔かい布で塵を払い 落としてから拭くようにしてください。洗う場合には熱湯を避け、 石けん水で洗い柔らかな布で拭き取るようにしてください。 タワシやスポンジのたぐいのものは使わず、みがき粉(クレンザー等)で洗う事は避けてください。
 
<3> 太陽光線に当てて置くと変形、または変色するおそれがありますから直射日光は避けてください。特に朱塗りのものは注意してください。
 
<4> 使用後は長く温水につけて置かないで、すぐ洗ってから柔かい布(糊気のないもの)で水気を拭きとり、更に乾いた布で拭いてください。
 


漆器製品をお買い求めのお客様へ



【丸三漆器】秀衡椀 花丸
【丸三漆器】秀衡椀 花丸
【丸三漆器】秀衡椀 花丸

【岩手県/丸三漆器(まるさんしっき)】秀衡椀 花丸

商品番号 0119r003

※在庫切れの場合は当店より納期をお伝えいたします。

商品についてのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

価格30,000円(消費税込:33,000円)

[当店で使えるお買い物ポイント1,500ポイント進呈 ](1ポイント=1円)

数量

10,000円(税抜)以上で全国送料無料


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

【商品情報】丸三漆器100周年を記念して作られた漆椀です。漆絵を描く、職人である加飾師が考えたデザイン。華美すぎず、秀衡塗の華やかさは残した加飾です。 秀衡塗の漆絵の特徴でもある植物が可愛らしく描かれています。 お正月などおめでたい時のとっておきの器としていかがでしょうか。口径が14cm弱と広めですので、お雑煮はもちろん、お料理を盛る器としてもお使いいただけます。

<サイズ>φ136o×H98o