西川貞三郎商店(にしかわていざぶろう)

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

インスタグラム・instagram

友だち追加

冬の夜の過ごし方

一生使える日用品。

TRAVEL CHOCO

暮らしの道具。日本の道具。

蚊取り線香

susアイス

大矢

orii

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > キッチン雑貨ブランド > 西川貞三郎商店(にしかわていざぶろう)






古都京都は五条坂。
清水焼の発祥の地であり、今でも焼き物の窯や陶房が軒を
連ねる界隈に西川貞三郎商店はあります。


1917年創業。
以来、京・清水焼を中心とした陶器・磁気などを国内外に販売している老舗やきもの専門店。
創業者である西川貞三郎氏は、清水焼をはじめ京都の伝統工芸品を海外へ伝えた草分けのひとりで、ベルギー万博にて清水焼を紹介。その名は二代目、そして現在の三代目西川加余子さんへと襲名し受け継がれています。古都京都から日本の伝統工芸品・伝統文化を発信しています。

清水焼は京都を代表する伝統工芸品のひとつで、古くより清水寺への参道である五条坂界隈の窯元でつくられていました。清水以外にも様々な焼き物が京都市内各地にあり「京焼」と総称されていましたが、時代の流れとともに現在では「京焼=清水焼」と呼ばれるようになりました。

清水焼には、土っぽい陶器から色鮮やかな磁器ものまで、また染付の手法も幅広い種類があり「明確な特徴がないことが特徴」と言われています。ひとつひとつ異なる物語と趣があり、組み合わせてもお使い頂ける共通の印象を持ち合わせています。


古くから多くの人とものが集まり、交わることで豊かな文化が育んできた京都の町には、唯一無二の、それでいて実に多様な「京都らしさ」があります。この京都らしさが生み出した、西川貞三郎商店の器には個性があらわれ、何代にもわたり研ぎ澄まされてきた京職人の技の結晶を感じ取ることができます。
西川貞三郎商店は京焼・清水焼の新しい愉しみ方を提案しています。絵付けに西洋的な色合いやモチーフを大胆に取り入れてみたり、伝統的な茶具を思いがけない方法で組み合わせてみたり。新鮮な京の華やかさや遊び心をお愉しみいただけます。
テーブルが可憐に明るくなる西川貞三郎商店の器。
その姿はまるでお花が咲いたかのようです。女性が喜ぶ「華やかさ」とテーブルを選ばない「柔らかい存在感」を兼ねそろえ、贈り物としても最適です。
大切な方の喜ぶ顔や最上のひとときを想像しながらとっておきの器を選んでみてはいかがでしょうか。


西川貞三郎商店の器は主張しすぎず、他の食器との組み合わせを愉しみながらお使い頂けます。人や食事を囲む空間や時間にさり気ない豊かさと心地よさを与えてくれる器です。



ペアでお使い頂ける飯椀やぐい呑み、家族みんなで使える湯呑や箸置きを取り揃えています。清水焼の確かな質で長くご愛用頂け、みんなが大好きな食の時間を通して絆は意識することなく強まります。家族や大切な人と毎日使いたくなる、そんな西川貞三郎商店の商品。一度手に取って頂き、その魅力を感じて下さい。




13 件中 1-13 件表示 






13 件中 1-13 件表示