アップルジャック

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

インスタグラム・instagram

友だち追加

ニッポンのお祝い

一生使える日用品。

TRAVEL CHOCO

暮らしの道具。日本の道具。

蚊取り線香

susアイス

大矢

orii

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > キッチン雑貨ブランド > アップルジャック

アップルジャック

最高品質の銘木が育つ地、吉野郡川上村

"日本の三大人工美林"と称される、吉野林業の発祥の地として知られています。
厳しい寒さの中、清らかな川の水の恵みを受けて成長していく川上村の吉野杉。この土地ならではの雨と霧の量、そしてまっすぐに生える杉の根に適した土壌があります。そんな恵まれた環境の中、長い年月をかけて人の手で大切に守られながら育まれる杉は、まさに最高品質と名高い銘木へと育つのです。

木と人の暮らしの橋渡しを担う、工房アップルジャック

この吉野杉や、吉野桧、桜など、地元の木材を使った木器を生み出し続けているのが、アップルジャック。最高品質の木のぬくもりを、生活の中で身近に感じることができる製品を作っています。

工房名である"アップルジャック"の由来は、「防空警報」の通称。工房の設立者である小林さんが、航空自衛隊で戦闘機の修理をしていた経歴をもつ、大の飛行機好きであったことから名付けられました。

細かい年輪がうみだす美しさと強さ

吉野の地で、真っすぐに育った樹々。バランスよく刻まれた細かい年輪は、木材に美しさと強さをもたらします。まさに、自然の芸術品といえる美しい木目。そして、建築物の礎となる「構造材」としても好まれるほどの強度を備えています。

しかも吉野杉の材質は、強いながらも柔軟性に富んでいるため、加工した際には美しく丈夫に仕上がるのです。

使い込むほど増していく色艶

吉野杉は油分が多く、年月が経つと深みのある飴色に変わっていきます。使えば使うほどに、色艶が増していくのです。

使う人の時間に寄り添いながら、味わい深く変化していく様子を楽しむ。これも、木工品ならではの魅力だといえます。

ツギハギはしない。木の魅力を"まるごと"製品に

たとえば、薄い木のコップの場合、その多くは板を張り合わせて作られているもの。しかし、アップルジャックでは、ひとつの木材をくりぬくことで、ひとつのコップを作り出します。
切り出した筒状の木材に轆轤(ろくろ)で丁寧に刃を入れ、中を削っていくのです。
木の表情をそのまま活かすため、余計な細工は一切なし。吉野杉の年輪が紡ぎだす自然のままの美しさ、香り、触感を味わうことができます。
素材の上質さ、熟練の職人の技があるからこそ、ここまでのシンプルさを極めることができるのです。

この繊細な削りの工程を経て、最後にはやすりを使った仕上げの作業へ。様々な種類のやすりを用いながら、なめらかな触り心地へと整えていきます。

最高品質の吉野杉を、贅沢にまるごと使うことで出来上がる、継ぎ目のないなめらかなコップ。手で包み込んだときに、スッと肌になじむようなあたたかさがあります。

木の表情をそのまま活かすため、余計な細工は一切なし。吉野杉の年輪が紡ぎだす自然のままの美しさ、香り、触感を味わうことができます。
素材の上質さ、熟練の職人の技があるからこそ、ここまでのシンプルさを極めることができるのです。