奥原硝子(おくはらがらす)

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

インスタグラム・instagram

友だち追加

一生使える日用品。

TRAVEL CHOCO

暮らしの道具。日本の道具。

ナガエプリュス

蚊取り線香

susアイス

大矢

orii

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > キッチン雑貨ブランド > 奥原硝子(おくはらがらす)

奥原硝子(おくはらがらす)

沖縄

覇市内に工房を構える奥原硝子製造所

那覇の国際通り沿いに位置する「てんぶす那覇」。この施設の那覇市伝統工芸館にある奥原硝子製造所は、沖縄を代表する琉球硝子の伝統を、現在も守り続けています。 昭和27年に創業した奥原硝子製造所。創設者の奥原盛栄氏が潰れた硝子工場を引き取って再開させたのがはじまり。その後、現代の名工に選ばれた、故・桃原正男氏が代表をつとめられています。

琉球ガラスの伝統を守り再生ガラスでの表現を追求する奥原硝子

昭和27年に創業。沖縄で最も歴史ある硝子工房である奥原硝子は、ブルーを含む窓ガラスや廃瓶を再利用し、吹きガラスという技法でガラス製品をつくっています。沖縄を代表する民芸のガラスである奥原硝子は、生活用品として手に取りやすいお値打ちや日常になじむ丈夫さから、暮らしの道具として愛されています。

奥原硝子のライトラムネ色

沖縄の海を彷彿とさせる、透き通った海のようなライトラムネ色が特徴の奥原硝子。そのさりげない色合いが、食卓を明るくし、“涼”と“優しさ”を添えます。ガラスなのにどこかあたたかな存在感が奥原硝子の世界にはあります。

チームプレーでつくる緊張感名実ともに沖縄代表するガラス工房

沖縄のものづくりを取材すると奥原硝子に尊敬の眼差しを送る工房の多さに気づきます。奥原硝子の工房で作業を拝見すると、その工房の空気感に触れ納得。工場長の上里幸春さんがリードし、若手職人と一体になり、ガラスを吹く人、取っ手をつける人と、連携を重ねてプロセスごとに息を合わせてひとつのガラス製品をつくっているのです。

6 件中 1-6 件表示 


6 件中 1-6 件表示