杉松製陶

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

新入荷アイテム

残りわずか・在庫限り

無料会員登録で300円分のポイントプレゼント!

インスタグラム・instagram

友だち追加

ショールームのご案内

一生使える日用品。

TRAVEL CHOCO

暮らしの道具。日本の道具。

蚊取り線香

susアイス

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > 工房から選ぶ > 愛知県(あいち) > 杉松製陶

杉松製陶 黒七輪

炭火焼で“食”を楽しむ贅沢
どんな食材もごちそうになる手作りの黒七輪



温暖な気候と風土に恵まれたまち

三河の土地が育んだ焼きものづくりの伝統

杉松製陶があるのは、愛知県碧南市。古くから“三河“と呼ばれる地方です。
この地方で採れる三河土は、熱に強く保湿性に優れ、焼き物に適した性質をもっています。
そのため、古くから「三州瓦」と呼ばれる瓦や、植木鉢、そして七輪などの焼き物の生産が盛んに行われてきました。
しかしプロパンガスが普及したり、縁側のある家が減ったりする中で、七輪の需要も減少。
かつてはたくさんあった黒七輪の工房も、今では杉松製陶を残すのみとなりました。

日本で唯一、黒七輪作りを担う杉松製陶

日本で唯一、黒七輪作りを担う杉松製陶

杉松製陶の創業は、大正5年。三代目である杉浦和徳氏の祖父、福太郎氏が、
農業のかたわらで七輪づくりを始めたのがきっかけです。
二代目である父、松三氏の代からは専業で七輪づくりをするようになり、
自分の名字と名前の一文字目をとって杉松製陶と名付けました。
そして昭和52年、現在、七輪づくりを担っている三代目の和徳氏が脱サラ。
父の後を継ぎ、今では日本唯一の七輪づくりの担い手として、製作を続けています。

食材の数だけ楽しみが増える

食材の数だけ楽しみが増える

炭火で熱することで、シンプルに食材の美味しさを引き出す、黒七輪。
週末にしっぽりとお酒のおともを炙ったり、休日にバーベキューをしたりと、焼く食材によって楽しみは無限に拡がります。また、災害でガスや電気が止まったとき、七輪は貴重な熱源に。いざというときの災害備品としても注目されています。
丁寧に扱えば長く使えるため、一台持っておくだけで活躍する場面がたくさんあります。