倉敷ガラス

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

インスタグラム・instagram

友だち追加

コースターづくり体験

ニッポンのお祝い

一生使える日用品。

TRAVEL CHOCO

暮らしの道具。日本の道具。

蚊取り線香

susアイス

大矢

orii

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > キッチン雑貨ブランド > 倉敷ガラス

倉敷ガラス

民藝ガラスを代表する、岡山の倉敷ガラス

岡山県倉敷市は多くの民藝が息づく地域です。この地で代表的なガラス製品である「倉敷ガラス」は、小谷栄次氏そして創設者であり父の小谷真三氏の吹いたガラスのことをさします。
現在では息子の英次氏が、その技法を受け継ぎながら民藝の地を代表する、あたたかみのあるガラス製品を生んでいます。

日本における
スタジオガラスのパイオニア

古くから複数の職人による分担作業によりつくられていた吹きガラスの仕事。これを一人でこなす「スタジオガラス」として技術を確立させたのが創設者の小谷真三氏です。元々輸出用のクリスマスオーナメントのとんぼ玉を吹く職人だった真三氏が、1964年に水島ガラスとして独立創業、その後倉敷ガラスとして改名しました。その後息子の英次さんが弟子入りし、倉敷ガラスは日本の民藝ガラスの牽引する存在となりました。

倉敷ガラスの深みあるブルー

「小谷ブルー」とも称される特徴的な青色。一見色味が強いように感じる深みあるブルーですが、実際に目にすると手仕事独特の柔らかい雰囲気をまっとっているので、日常的に使える馴染みの良さがあります。

捻りモールがつむぎだす、
美しい光の屈折

思わず光にかざしたくなる、そんなガラス本来の美しさを際立たせるのは、側面に絶妙に入れられたモール模様。器から生まれる光と影に魅了されます。
現在、栄次氏が用いている道具はご自身が作られた手作りも多く、コップなどの型作りにはご自身で缶詰に手を加えたもの、缶につけられた針金がガラスに絶妙な模様を生みだします。独自の風合いや作業工程のため、吹き竿も通常のサイズのものより短めで効率良く作られています。