志津刃物制作所

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

新入荷アイテム

残りわずか・在庫限り

無料会員登録で300円分のポイントプレゼント!

インスタグラム・instagram

友だち追加

ショールームのご案内

一生使える日用品。

TRAVEL CHOCO

暮らしの道具。日本の道具。

蚊取り線香

susアイス

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > キッチン雑貨ブランド > 志津刃物制作所

“刀都”と呼ばれるまちに受け継がれる刃物づくりの技

「折れず、曲がらず、よく切れる」といわれ、その美しさからも多くの武将たちに愛された、関の刀。日本のほぼ中央に位置する、岐阜県関市は、かつて「刀都」とも称された刃物づくりのまちです。ドイツのゾーリンゲン、イギリスのシェフィールドと並び、世界の三大刃物産地といわれています。

その歴史の始まりは、なんと約800年も前の鎌倉時代からです。良質の焼刃土と、炉に使う松炭、そして木曽三水(きそさんすい)のひとつとして知られる長良川の清らかな水。刀づくりに欠かせない、自然の資源に恵まれたこの土地には、多くの刀匠たちが集まりました。そして、多くの武将たちに愛用される優れた切れ味の刀を、世に送り出し続けたのです。

一流の刃物職人の技術を、身近な製品に

志津刃物製作所は、昭和55年、この刃物のまち、関市に誕生しました。鎌倉時代から続く、刀匠たちの優れた技術と伝統を受け継ぎながら、現在は家庭用の刃物を中心に製作しています。

一流の刃物職人が作る包丁やナイフは、まさに刀剣のような輝きと抜群の切れ味を宿し、料理好きなら一度は使ってみたい刃物として愛されています。

伝統を守りながら、新しい在り方を提案

刃物は、時代とともに使う人も、使われるシーンも変わっていくもの。志津刃物製作所は、そのことを一番に考え、新しいアイデアとともに商品を作っています。特に、実際に使うことが多い、女性ならではの視点や声を大切にし、商品の開発に活かしているのです。

古くからの伝統を受け継ぐ刀匠の世界を守りつつも、次々と新しい分野に挑戦。オープンキッチンが主流となり、見え方の美しさも重要になった時代のニーズに応え、「握ってよし、斬れてよし、魅せてよし」の、三拍子そろった商品を次々と発表しています。よく斬れて、使いやすいのは当たり前。その先にあるスタイリッシュさ、そして魅せる美しさまでをも提案するのが、志津刃物製作所の刃物です。

14 件中 1-14 件表示 






14 件中 1-14 件表示