工房織座(コウボウオリザ)の人気商品を厳選!ギフト・贈り物に最適なアイテムを豊富に取り揃えています。

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

インスタグラム・instagram

友だち追加

冬の夜の過ごし方

一生使える日用品。

TRAVEL CHOCO

暮らしの道具。日本の道具。

蚊取り線香

susアイス

大矢

orii

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > ファッション雑貨ブランド > 工房織座(コウボウオリザ)

工房織座 (こうぼうおりざ)

愛媛県

時代背景に揺るがない今治の綿織物産地の在り方に注目を

国東・別府・日田・湯布院など各所で竹細工の製造がおこなわれています。大分県の真竹の生産量は全国でもトップクラス。大分県の竹細工は、室町時代に商用の籠を作って売り出したのが最初と言われています。高度な技術を集約した工芸品として発展し、今では訓練校が設立され、若い世代が職人への道のりを歩んでいます。

独特で緩やかな織りが包み込むような驚きの風合いをつくる

100年前に作られた旧式織機「豊田式織機」を集め修復・改造し工房織座オリジナルの「着尺一列機(きじゃくいちれつばた)」で製造。この着尺一列機を使うことで、大量生産の高速織機では表現できない糸の交わりを独自で複数編み出し、商品を作り上げています。着尺一列機の使用によって柔らかくふんわりとした高級感のある肌触りを実現。身にまといたくなるような一品にこだわる工房織座。「kobooriza」「ITO」とブランドを展開し表現の幅を広げています。

タオル職人の武田正利氏 「誰もが作れない織物をやりたかった」

今治市内のタオルメーカーに工場長として勤務していた経歴を生かし、2005年工房織座を設立した代表の武田正利氏。「こだわった織物を作りたい」という熱い想いが武田氏を動かし、歴史的な織機、「ヒゴ織り織機」「2丁筬バッタン織機」「足踏み式タオル織機」などを独自で学び、各織物産地で特徴のある織機を集め、壊れていた状態の織機を分解。その部品を組み合わせて、カスタマイズすることでオリジナルの着尺一列機を完成させた。

ストールの選び方

ストール・マフラーの選び方

  • 暖色
  • 中性色
  • 寒色

素材や生地の大きさ

  • 春夏 | リネン、コットン、シルク、ポリエステルの幅狭め、普通
  • オールシーズン | シルク、コットン、レーヨンの幅ふつう
  • 秋冬 | ウール、カシミア、アクリル

役立つストールの使い方

普段使いにうれしい、ずっと巻いていたくなる天然素材のストール

工房織座では量産型の高速機械では作ることが難しい、軽やかかつ素材の良さまでをしっかりと感じられる肌あたりを実現しています。1日につくる量と品質にこだわりながらも、手に取りやすい低価格。そしてストールのある生活が、いかに心地よく、豊かな暮らしであることかを製品を通して伝えています。

2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示 



7 件中 1-7 件表示 




7 件中 1-7 件表示