新入荷アイテム

TOP > 工房から選ぶ > 石川県(いしかわ) > 我戸幹男商店 > 【石川県/我戸幹男商店(がとみきおしょうてん)】Karmi Tea Canisters 頸KUBI/fukiurushi



木製品・竹製品をお買い求めのお客様へ



【石川県/我戸幹男商店】Karmi Tea Canisters 頸KUBI/fukiurushi
【石川県/我戸幹男商店】Karmi Tea Canisters 頸KUBI/fukiurushi
【石川県/我戸幹男商店】Karmi Tea Canisters 頸KUBI/fukiurushi

【石川県/我戸幹男商店(がとみきおしょうてん)】Karmi Tea Canisters 頸KUBI/fukiurushi

商品番号 0066R014

※在庫切れの場合は当店より納期をお伝えいたします。

商品についてのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

価格13,000円(消費税込:14,300円)

[当店で使えるお買い物ポイント650ポイント進呈 ](1ポイント=1円)

数量

10,000円(税抜)以上で全国送料無料


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

【工房紹介】
我戸幹男商店
明治41年(1908年)石川県のろくろの町、山中温泉にて我戸木工所として創業しました。
その木地師(職人)の意思を受け継ぎ、天然の素材が生み出す美しい木目と、木地師がひとつひとつ丁寧に挽き上げた木地の完成度を重んじ、豪快に木目を見せています。
我戸幹男商店では、伝統的な山中漆器の高い技術を活かした実用性、和の美意識に基づいた高い芸術性を追求し、10年、20年先も変わらずに美しいと言われるような長く愛される漆器づくりを心がけています。




【商品紹介】
「木地の山中」
山中漆器産地は「木地(きじ)の山中」といわれており、お椀や茶筒、カップなどの「ろくろ挽物」と呼ばれる木地挽物において、全国でもトップを誇る産地です。
山中漆器の一番の特徴は「縦木挽き」と呼ばれる、木を輪切りにした状態から木地をとる方法で、他の産地で多く行われている「横木挽き」よりも加工が難しく一本の材料からとれる木地は多くありません。しかし、丈夫で狂いが少ない木地に仕上げることが出来るため、「うす挽き」や「加飾挽き」などの細かい加工が出来る高度な技術が発展しました。

「和の美意識に基づいた美しい形」
我戸幹男商店では美しいフォルムにこだわった漆器づくりを行っております。
その絶妙なラインは職人の高い技術に誇りを持っているからこそ表現出来るもの。現在は13名のデザイナーとともに、10年、20年先も美しいと言われるような漆器づくりを心がけています。

「木目が美しい拭漆」
我戸幹男商店の漆器のほとんどは、拭漆によって仕上げられています。漆を塗っては拭き取る作業を何度も繰り返ことで、透明感のある光沢が増し、木目を鮮やかに浮かび上がらせます。素材と木地の精度、拭漆の全てが完璧になってこそ表現出来る、ごまかしのきかない仕上げをおこなうことで、天然木の存在感を表現しています。


【サイズ】φ70×193mm

用途に合わせて包装紙やギフトバッグをご用意しております。

無料ラッピング承ります

徳島県の手漉き和紙、「阿波和紙」の包装紙を使用しています。

特別な和紙を使っております

贈り物・ギフトに定型カードを添えてお届け可能です。

特別な和紙を使っております

おすすめ商品