新入荷アイテム

TOP > 工房から選ぶ > 大分県(おおいた) > 大内工芸 > 【大分県/大内工芸(おおうちこうげい)】 ダイヤカット塗分箸

大内工芸 料理べら

職人の手でしか作れない
細くしなやかな箸先

カラフルでありながらどこか落ち着きのある絶妙なカラーで塗り分けられた、すっきり細身の竹箸。大内工芸のダイヤカット塗分箸は、木工の盛んな大分県日田地方で作られる、使いやすさを追求した竹箸です。小魚の骨もつまみやすい細くてしなやかな箸先は、一本一本、職人の手作業によって作られています。機械にはできない職人ならではの力加減が、繊細でなめらかな口当たりを生み出します。

茶色、ピンク、緑、紺、紫の5色は、少しくすんだ柔らかいカラー。竹素材とマッチした優しい雰囲気で、和食器はもちろん、北欧食器などの洋食器にもよくなじみます。赤と黒の2色は、凜とした和の雰囲気がより楽しめる、リアルジャパンプロジェクトだけのオリジナルカラーです。家族やパートナーと一緒に色の違いを楽しんだり、来客用に好きな色をそろえたりして、カラフルな和のテーブルコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。


大内工芸とは


大内工芸は大分県北西部の日田市にある、1974年創業の小さな工房です。工房周辺の竹林で育つ良質な孟宗竹を使い、創業以来40年以上に渡って、実用性と機能美に優れたテーブルウエアやキッチンツールを作り続けてきました。しなやかでまっすぐな孟宗竹を細くなめらかに仕上げた竹箸は、大内工芸の代名詞。軽くて手になじみやすいスプーンやへらも、長きに渡って愛され続けている商品です。

大内工芸とは

軽くてしなやかな孟宗竹


原材料である孟宗竹は、繊維がまっすぐで、しなやかな弾力性があることから、箸作りには最適です。軽くて手になじみやすく、一度使ったら手放せなくなる、とても使いやすい商品です。箸先が細くまっすぐに伸びているため、小さな食材をつまむことや、魚の骨を取ることなど細かい動きもスムーズにでき、繊細な和食も自然と美しい所作で食べられます。

軽くてしなやかな孟宗竹

細い箸先を削り出す職人の技


大量生産・大量消費の時代、多くの工房が作業工程を機械化する中で、大内工芸はあえて機械を一切使わずに、職人の手作業によるものづくりを貫いてきました。細い箸先を作るためには、0.2mmよりさらに細かい調整が必要とされます。竹材には柔らかい部分と硬い節の部分があるため、機械による均一な加工ではなめらかな仕上がりになりません。人の手による微妙な力加減があってこそ、素材のもつ美しさを生かした、上質な竹製品が生まれるのです。

細い箸先を削り出す職人の技

シンプルでモダンなダイヤカット


ダイヤカット箸は、箸の頭がピラミッド状のダイヤ型にカットされています。直線的ですっきりとしたデザインが、竹素材の素朴な感じをほどよく抑え、モダンでスタイリッシュな印象を生み出します。和食から洋食までどんなテーブルコーディネートにも合わせやすい、シンプルなたたずまいが魅力です。


全色そろえたくなる絶妙なカラー


ダイヤカット塗分箸は、全部で7色展開です。カラフルでありながらシックな色合いが絶妙で、1色1色のよさもさることながら、全部の色がそろったときのバランスも美しいシリーズです。家族がそれぞれに好きな色を選んだり、全色そろえてその日の気分で使い分けても楽しいでしょう。

全色そろえたくなる絶妙なカラー

赤と黒は、当店だけのオリジナル


7色のうち、赤と黒の2色は、当店が依頼して特別に作ってもらったオリジナルカラーです。深みのある赤と黒は、日本の伝統美を象徴するカラー。凜としたたたずまいが、テーブルコーディネートをよりモダンな印象に引き締めてくれます。目上の方や、外国の方への贈り物にも、間違いなく喜ばれる色合いです。


贈り物にふさわしい竹製品


竹は「松竹梅」と呼ばれるように、慶事や吉祥のシンボルです。生育がとても早いことや、常緑樹で1年中枯れることなく青々としている様子から、生命力や長寿の象徴とされてきました。めでたいものとして結婚式など祝い事の席に使われることが多く、贈り物に広く喜ばれる縁起のよい素材です。節があることから、成人式や就職祝いなど人生の節目を祝う贈り物にも最適だとされています。


お手入れ方法


使った後は、柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。傷や破損の原因となりますので、水に長時間浸け置くことや、研磨材入りのスポンジ、金属たわし、クレンザーなどの使用はお控えください。食器洗浄機で洗浄すると、変形変色することがあります。

地域の歴史


大分県日田市は周囲を山々に囲まれた土地で、西は福岡県、南は熊本県に隣接し、盆地を形成しています。いくつもの豊かな河川が市内を流れることから、古くより「水郷(すいきょう)」とたたえられてきました。市の面積の8割以上が森林で、500年以上前から林業が盛んに営まれています。江戸時代には幕府の山林保護政策によって、造林が進められました。山から切り出した木は筏に組んで、筑後川や日田川の水運を利用して下流域に運ばれたとされています。同地で育つ杉は「日田杉」という名称で親しまれ、日田杉を使った下駄作りや漆器作りから、日田市の地域産業である木工業が発展しました。

地域の歴史

竹の生育に適した気候

周囲を山々に囲まれた日田市は盆地型の気候で、夏は猛暑が厳しく全国で一番の最高気温になることもあります。また、冬には一転して寒さが厳しく、積雪がみられることもあります。このように寒暖の差が激しく、雨量も非常に多い気候は、孟宗竹の生育に最適です。夏の暑さと冬の寒さによって、工芸に適した堅くて丈夫な竹が育てられます。

工房情報を見る



【大分県/大内工芸(おおうちこうげい)】 ダイヤカット塗分箸
【大分県/大内工芸(おおうちこうげい)】 ダイヤカット塗分箸
【大分県/大内工芸(おおうちこうげい)】 ダイヤカット塗分箸

創業以来大分県日田地方にて箸造りを主に竹のテーブルウェアを製造する大内工芸。細身の竹箸で、使いやすさを追求したダイヤカット塗分箸。【大分県/大内工芸(おおうちこうげい)】 ダイヤカット塗分箸

商品番号 0040a006

※在庫切れの場合は当店より納期をお伝えいたします。

商品についてのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

価格680円(消費税込:748円)

[当店で使えるお買い物ポイント68ポイント進呈 ](1ポイント=1円)

カラー ピンク
 
数量

この商品についてのお問い合わせ

10,000円(税抜)以上で全国送料無料


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品説明
昭和49年の創業以来、大分県日田地方にて箸造りを主に竹のテーブルウェア等を、製造する大内工芸。
素材となる竹は、周辺の竹林に育った竹の中でも一番太い種類の良質孟宗竹を使用しています。
自然環境にやさしいこれらの製品は、使い込むほどに味わいが出てきます。素材を生かしたデザインの「手造り竹箸」はシンプルで使い良さを追求し、長年の経験を生かした手造りで、竹素材の特性を生かし先端を極細に仕上げた、こだわりの竹箸です。

細身の竹箸で、使いやすさを追求した「ダイヤカット塗分箸」。
先端部分は手造りにしか出来ない細さに仕上げられ、小魚の骨などもとりやすくなっています。
頭部はピラミッド状にカットされ、シンプルな一色で仕上げています。

赤と黒は、リアルジャパンプロジェクトのオリジナルカラーです。

商品情報
ブランド 大内工芸(おおうちこうげい)
生産地 大分県
サイズ 22.5cm
カラー 茶 / ピンク / 緑 / 紺 / 紫 / 赤 / 黒
材質 竹、ウレタン塗装
備考 化粧箱:×

配送・ギフト
ネコポス 可能
ギフト包装 ラッピング / ギフトカード / 熨斗

上手な手入れについて
使用後の洗浄は、スポンジ等や柔らかい物を用い手洗いをお勧めします。長時間水に浸け置くことは避けてください。 食器洗浄機での洗浄は、変形変色することがあり、ご愛用頂ける期間が 短くなることがあります。

よく利用されるシーン
内祝い/結婚祝い/退職祝い/結婚記念日/誕生祝い/銀婚式/金婚式/結婚式お返し/出産祝い/お祝い返し/お返し/お祝い/入学祝い/就職祝い/還暦祝い/御祝/お礼/プレゼント/誕生日/贈り物/ギフト/引越し祝い/新築祝い/開店祝い/記念日/還暦/古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿/お中元/御歳暮/2次会/忘年会/家族/母の日/お母さん/父の日/お父さん/敬老の日/新年の挨拶/バレンタイン/ホワイトデー/クリスマス/10周年/100周年/周年祭/お土産/粗品/学校設立/法人設立/上場記念/周年祭/設立記念/独立記念/引き出物/ノベルティ/法人/企業/コンペ/上司/社長/年上/20代/30代/40代/50代/60代/70代/80代/90代/日本/伝統工芸/伝統文化/和風/和/モダン/北欧/シンプル

用途に合わせて包装紙やギフトバッグをご用意しております。

無料ラッピング承ります

徳島県の手漉き和紙、「阿波和紙」の包装紙を使用しています。

特別な和紙を使っております

贈り物・ギフトに定型カードを添えてお届け可能です。

特別な和紙を使っております

おすすめ商品