一生使える日用品をご紹介

リアルジャパンプロジェクト代表の河内宏仁が、
5月9日放送のトーク番組で日本各地のおすすめの伝統工芸品をご紹介させていただきました。
その中で取り扱いのある一部商品をご紹介させていただきます。

※商品の製造状況によりお届けにお時間をいただく場合がございます。
予めご了承くださいませ。

宮島工芸製作所 (みやじまこうげいせいさくしょ)

世界遺産にも指定された広島県・宮島の地にて、杓子や調理ヘラの製造を行う宮島工芸製作所。
宮島杓子は、寛政年間に弁財天の持つ琵琶の形からヒントを得て、島民に作り方を教えたのが始まりだと言われています。

MARUICHI (マルイチ)

北海道上川にある、木材の加工を専門としているTUCのファクトリーブランド。
自らを「木材の加工屋」と名乗り、高い技術力を活かし、さらに一歩進んだ加工やを目指してものづくりをしています。

SUSgallery (サスギャラリー)

制作を行うのは、新潟県・燕市。江戸時代から金属加工の町として発展し、その高い技術力は世界へ誇るべきです。
農家の副業として和釘の生産が始まったといわれ、その後それをベースに近代的な金属加工の技術を養ってきました。

やま平窯 (やまへいがま)

江戸時代から明治にかけて作られた輸出向けの食器の中に「卵殻手(らんかくで)」と呼ばれる磁器がありました。
その薄さはたった1mm。
一度、技術が途絶えてしまった卵殻手ですが、有田焼「やま平 窯元」によって
「エッグシェルシリーズ」として新しく生まれ変わりました。

大辻朝日堂 (おおつじあさひどう)

大正元年の創業以来、鹿児島県の伝統工芸品である薩摩錫器を製造する国内唯一の工房。
使い込むことで重厚な風合いが高まり、末長く愛用できる製品となっています。

包丁工房タダフサ (ほうちょうこうぼうただふさ)

江戸時代から続く鍛冶の町・新潟県三条市。包丁工房タダフサは、昭和23年に創業しました。
すべての工程を職人の手作業で行い、その一丁一丁に心を込めて生産しています。

山只華陶苑 (やまただかとうえん)

美濃焼の産地・岐阜県多治見市にて、1794年(寛永6年)の創業以来、すり鉢やおろし皿などを作り続けている
「藤兵衛窯 山只華陶苑(とうべいがま やまただかとうえん)」。
青土(あおと)という、地元の鉱山で採掘される粘り気のある土と、同じく地元の素材から作る釉薬を使うのが代々伝わる昔ながらの製法。
モダンアートの造形作家としても活躍する、7代目の加藤智也氏により作陶されています。

山本勝之助商店 (やまもとかつのすけしょうてん)

商号を「かねいち」といい、明治13年に創業しました。
棕櫚製品や山椒などの薬種材料等の紀州特産物を製造、販売しております。

AJI PROJECT (アジプロジェクト)

庵治石(あじいし)の産地、牟礼町(むれちょう)・庵治町(あじちょう)は、香川県高松市の東部に位置します。
キメの細かさ、優美な光沢、独特の色合いと重量感がおりなす自然美は古来より高く評価され、
「花崗岩のダイヤモンド」と呼ばれています。

小笠原鋳造所 (おがさわらちゅうぞうしょ)

製作を行うのは、岩手県水沢に位置する小笠原鋳造所
古典的な南部鉄瓶の技法を受け継ぐ一方で、
近代的なモダンデザインの製作もこなす日本のクラフトデザインの草分けとなったブランドです。

icci KAWARA PRODUCTS (イッチカワラプロダクツ)

icciは山梨県笛吹市石和町にある一ノ瀬瓦工業、一ノ瀬靖博が手がけるブランド。
瓦葺職人として屋根に上がる傍ら、瓦屋根だけではおさまりきらない瓦のしっとりとした美しさ、魅力に気づき、スタートしました。
瓦屋根作りは緻密な作業を重ねて線をつくり、線の美しさをみせていく。