夏の日用品特集

REALJAPANPROJECTがオススメする、夏を楽しむための商品をご紹介いたします。

※商品やご注文状況により在庫数・納期状況が変動いたします。
納期について気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

カテゴリーで選ぶ

チタンタンブラー

通常のガラスタンブラーに比べ、高い保温・保冷力があり、冷たい飲み物を長く楽しめます。

ご紹介させていただいた工房

  • SUSgallery

    製作を行うのは、新潟県燕市。江戸時代から金属加工の町として発展し、その高い技術力は世界へ誇るべきものです。
    農家の副業として和釘の生産が始まったといわれ、その後それをベースに近代的な金属加工の技術を培ってきました。

    受け継がれてきた技術をいかし、新しい技術の開発へ、真摯なモノづくりを今もなお行っています。

    他の商品を見る

グラス・コップ

見た目でも涼を感じられるグラス・コップ。

ご紹介させていただいた工房

  • 木村硝子店

    創業時よりプロが使うテーブルウェアの分野で、工場を持たないメーカーとして、多くの職人さんや多くの職人さんや工場の協力をいただきながら、数々の自社デザインのグラスを作ってきた老舗ガラス店です。

    極うすグラスは、60年ほど前から関西の割烹・料亭でお使いいただいて以来、和食のビールグラスの定番として今でも使い続けられています。

    他の商品を見る
  • 木本硝子

    木本硝子は問屋として創業80年の老舗です。お付き合いの長い工房との信頼関係は厚いです。
    それぞれに得意分野を持つ多彩な技術を持つ工房との繋がりが木本硝子の強みでもあります。後継者不足が問題になっている今、様々なデザインがある事で若い職人にも携われる機会が増えたそうです。

    高度な技術を必要とするデザインであればもちろん熟練の職人が制作にとりかかりますが、デザインによっては若い職人でも細工が施すことができます。

    他の商品を見る
  • 清秀硝子工房

    江戸時代末期に生まれた「江戸切子」は現在、伝統工芸品に指定されています。

    清秀硝子工房では昔ながらの技法を次世代につなげるべく、手仕事にこだわった製品を生み出しており、特に硝子を磨く工程では昔ながらの「手磨き」にこだわり、手磨きにしか出すことの出来ない美しさを表現しています。

    他の商品を見る
  • 副島硝子工業

    明治36年に副島源一郎が副島硝子工業を創業。現在では肥前びーどろを製造する唯一の工房が副島硝子工業です。
    肥前びーどろは佐賀ガラスといわれていたが、昭和期に肥前びーどろの名で販売したものが定着したことによるものです。

    二刀流と呼ばれる伝統の技「ジャッパン吹き」は、二本のガラス竿を扱い成形していき、なるべく空気以外のものに触れないように作ります。そのため、ガラスの表面はなめらかな艶が漂います。

    他の商品を見る

錫器

加熱するにも冷却するにも熱伝導の良い錫を使用した商品。

ご紹介させていただいた工房

  • 大阪錫器

    今から約150年前の江戸後期に、大阪心斎橋に錫屋を開業。大阪錫器の錫の純度は97%と非常に高く、そうする事で硬くなり強度が強いためろくろで削る事ができます。

    錫でできた酒器や茶器をろくろで削る制作工程は大阪錫器のみ。ろくろ作業がある事で、昭和58年には伝統的工芸品に認定されています。

    他の商品を見る
  • NAGAE+

    富山県高岡にある株式会社ナガエは昭和29年に創業。創業当時から鋳造する大きな機械を用い、現在もなお錫やアルミ、真鍮を扱う金属製品の総合メーカーです。

    世界で初めて錫に着色することに成功したNAGAE+。器のデザインはプロダクトデザイナーの倉本仁さんです。

    他の商品を見る
  • シマタニ昇龍工房 syouryu

    「syouryu」は、明治42年創業以来、寺院用のりんを専門に製造しているシマタニ昇竜工房の新ブランド。

    全国に10人に満たないりん職人が3人おり、「金槌で叩く」ことにより板を絞り、丸みを整え、音を調律することでりんを制作しています。

    他の商品を見る

夏の食卓に

清涼感の竹を使用したざるや、アイスにぴったりなデザートカップ。
お皿を冷やして冷たい料理を楽しめる雄勝硯。
シーサーの箸置きも夏らしい一品。

ご紹介させていただいた工房

  • 本間数勇商店

    昭和25年創業の本間数勇商店。
    本間満氏は昔ながらの竹細工づくりを受け継ぎ、ひとつひとつ職人の手により編み上げています。

    そのためとても芯がしっかりと張った編み方なのでとても丈夫です。

    他の商品を見る
  • 宮井竹工所

    宮井竹工所では長年の専門生産を行っている竹職人により、他社では真似のできにくい自社ならではの高品質の竹盆ザル、新鬼おろしを製造しています。

    盆ザル一筋50年。国内随一のメーカーです。

    他の商品を見る
  • 雄勝硯生産販売協同組合

    宮城県石巻市の雄勝硯は約600年の歴史があるといわれ、国の伝統工芸品に指定されています。

    雄勝硯生産販売共同組合では産業の復興を目指し、日本国内のみならず、海外でも展示会を行うなど、様々な活動を行っています。

    他の商品を見る
  • 西 隆行

    日本で初めて磁器が誕生した400年の歴史を持つ佐賀県有田町。 その地で作陶する西隆行さんは、有田の標準的な天草陶土を使った磁器から、有田の型打ちによる成形のうつわ、陶器などを手がけています。

    もともと西隆行さんは建築を学び、外構設計の仕事に就くも生業としての違和感を持っていたことから陶芸の道へ。有田窯業大学校の助手業の傍ら商品を流通しスタート、その後独立し作家活動を行っています。

    他の商品を見る
  • ゆいま~る沖縄

    ゆいまーる沖縄は、「琉球を自立させたい」という思いから1988年に創業しました。

    私たちは、琉球の価値を高める活動を通じて世界中へ心の豊かさを提供し、琉球の伝統・文化を継承・発展させてまいります。

    他の商品を見る
  • 創作竹芸とみなが

    鹿児島県鹿児島市にて竹細工を制作している「創作竹芸とみなが」。

    創作竹芸とみながの商品は、一つ一つ丁寧に作られており、親子三世代使えると言われるほど丈夫なため、一生ものの道具として活躍してくれます。

    他の商品を見る
  • カネコ小兵製陶所

    大正10年10月に「カネコ製陶所」が誕生しました。

    平成7年頃から生活雑貨としての食器の開発、生産に乗り出し、現在では、今まで小兵窯で培った技術や、特に窯の焼成方法が還元焼成という特性と、生活者の視点から見た新しいやきものを制作しています。

    他の商品を見る

夏の行楽に

断熱効果があるいぐさを使用したござでひんやり。
水分補給も大事な季節です。持ち歩きに便利なサイズの水筒はいかがでしょうか?

ご紹介させていただいた工房

  • 今吉商店

    創業明治30年の今吉商店は、倉敷市西阿知地区にていぐさ製品を製造しています。

    今吉商店では、つくり手が減少していく中で分業である職人に技術を学び、何とか技術を倉敷のいぐさ製品を残していきたいという思いで、自分達でも出来るようにといぐさの植え付けから収穫、織機の部品を今吉さんご自身の手で直すなど、出来る事は全て一貫して自社にて行っています。

    他の商品を見る
  • MokuNeji

    MokuNejiは工業製品が持つ高い性能に、木工轆轤が持つ柔らかな木の風合いが加わることで生まれる相乗効果を大切にした、生活に魅力的な装品を提案しています。

    すべての製品には木目の美しい天然木を使用しています。

    他の商品を見る

夏の季節対策に

暑い日差し対策に日傘・ストール。夏ならではのうちわ。
かかとの手入れにヤスリもオススメです。

ご紹介させていただいた工房

  • 前原光榮商店

    前原光榮商店は昭和23年より、東京・浅草の地でメイドインジャパンにこだわった傘づくりを行っています。
    コンセプトは「雨の日が待ち遠しく楽しくなる傘」。

    前原光榮商店の傘があれば今まで憂鬱だった雨の日が楽しくなるようにと、創業時より部材や品質にこだわった少量生産の傘づくりを目指し、丁寧で正確な傘づくりを続けています。

    他の商品を見る
  • 工房織座

    工房織座は綿の産地、四国今治にあります。

    世界に一つ、工房織座オリジナルの「着尺一列機」を完成させ、職人の「技」や「美意識」、そして「想い」までも織り込むことができる「織機」を探求し、素材を吟味し、心をこめてゆっくりと、存在感のある確かな「織物」を続けています。

    他の商品を見る
  • ALART

    ALART(アルアート)は、1947 年創業の工場の中で、新たな模索を始めつくり出されたブランド。

    固定概念をはなれた独自な発想、使い手の創造性を引き立てるようなデザイン、Creative なも のづくりをコンセプトとし、アルミの可能性を追求しています。

    他の商品を見る
  • 柄沢ヤスリ

    新潟県燕市にある柄沢ヤスリは昭和14年に創業しました。創業以来、組ヤスリを中心とする工業用のヤスリの製造を続けてきました。

    現在は、その他に時代のニーズに合わせて「柄厚ウス平ヤスリ」「極細ヤスリ」「プラスチックヤスリ」「爪ヤスリ」「踵ヤスリ」等自社のオリジナリティを生かしたヤスリを製造し、各方面から好評を博しています。

    他の商品を見る

夏の夜に

炎のゆらぎで癒しを感じながら夏の夜を静かに楽しむ。
蚊取り線香の煙と香りも夏ならではです。

ご紹介させていただいた工房

  • 大與

    創業は大正3年。三代に至る今日まで和ろうそくづくりに励み、昭和59年には滋賀県の伝統工芸品んとして正式に指定されました。

    仏事はもちろんのこと、茶事や普段の暮らしの中で本物の和ろうそくをお使いいただけるよう、用途に応じた和ろうそくを多く取り揃えています。

    他の商品を見る
  • 西川貞三郎商店

    1917年創業。以来、京・清水焼を中心とした陶器・磁気などを国内外に販売している老舗やきもの専門店。

    創業者である西川貞三郎氏は、清水焼をはじめ京都の伝統工芸品を海外へ伝えた草分けのひとりで、ベルギー万博にて清水焼を紹介。その名は二代目、そして現在の三代目西川加余子さんへと襲名し受け継がれています。古都京都から日本の伝統工芸品・伝統文化を発信しています。

    他の商品を見る
  • ヤマサキデザインワークス

    ヤマサキデザインワークスの山崎さんは、少し新しい日用品を提案しています。

    これはこういうモノ。と無意識に諦めてしまっているものを、あきらめなかったらどうなるのかという視点でデザインを行っています。

    他の商品を見る

価格帯で選ぶ

ご紹介させていただいたおすすめの商品を予算に合わせてお選びいただけます。