育陶園(いくとうえん)

日本全国の伝統工芸品一覧はこちら

職人インタビュー

  • 価格で探す
    • 価格: 円〜

インスタグラム・instagram

暮らしの道具。日本の道具。

ナガエプリュス

蚊取り線香

susアイス

大矢

orii

日本の伝統工芸品を商品カテゴリから探す

日本の伝統工芸品を贈るシーンから探す

名入れサービス

出品者希望を工房さまはこちら

法人のお客様・複数配送先などのおまとめ注文はこちら

海外発送承ります

TOP > キッチン雑貨ブランド > 育陶園(いくとうえん)

育陶園(いくとうえん)

育陶園がうつわで表現する「人と人の繋がりが生む心のあたたかさと明るさ」
沖縄

沖縄の伝統技術を受け継ぐ“壺屋焼・やちむん”とは?

沖縄の那覇市壺屋地区・読谷村で焼かれる陶器を壺屋焼(つぼややき)と言います。琉球の焼き物の歴史は古くからあり、壺屋焼の種類は大きく二つに分かれます。釉薬をかけずに焼成する南蛮焼の系統のもの、上焼と呼ばれる最初に朝鮮の陶工らによって手がけられた絵付陶器があります。

色鮮やかで伸びがある沖縄やちむん陶器

育陶園は昭和38年創業。現在は伝統工芸士の高江州忠さんが六代目陶主としてリードし、ものづくりが好きという想いで集まったメンバーと沖縄らしさに溢れるやちむんをつくっています。“開かれた明るさを大事にうつわづくりに励む”というのをモットーにしている窯元。那覇市壺屋の地で先人たちから受け継いだ技法とともに育陶園だから生み出すことのできる壺屋焼を目指しています。

食事の時間を笑顔にする沖縄らしさ満点の見込み部分色の均一が美しさの秘訣

育陶園の陶器は、沖縄北部などのいくつかの種類を混合し沖縄の土と手作りの釉薬にこだわり、沖縄の気候風土によって生み出されています。育陶園の定番でもある青シリーズは、壺屋焼の伝統柄、病を治し寿命をのばすと言われる菊紋が描かれているもの。太陽の恵みを浴びた菊が大胆に描かれた絵付けは発色に対して透明感があり全体の色の均一さが美しさの基準と言われています。

先人から受け継がれた技術とともにちゃんと心(気)をこめて、作り上げる

日常のうつわとして、パワーの源となる料理を元気よく盛りたい育陶園のうつわ。工房ではスタッフ全員で食事する曜日も設けて食べることを大事にしているそう。広い大らかさと使う度に愛おしさまでも感じる存在感が育陶園のうつわにはあります。育陶園が目指すのは、300年続く「壺屋」の地に根差し続けること。そして大切な家族、仲間と壺屋焼を作り続け、それが沖縄の景色となっていくことを願い日々作陶しています。工房では、ひとつひとつの仕事に心(気)を込めることをモットーとしています。

14 件中 1-14 件表示 





【育陶園】シーサーペア小

【沖縄県/育陶園(いくとうえん)】 シーサー ペア 小

価格13,300円(消費税込:14,364円)

売り切れ

【育陶園】ミニミニシーサーペア

【沖縄県/育陶園(いくとうえん)】 ミニミニ シーサー ペア

価格4,800円(消費税込:5,184円)

売り切れ


14 件中 1-14 件表示