萩ガラス工房(ハギガラス)の人気商品を厳選!ギフト・贈り物に最適なアイテムを豊富に取り揃えています。

TOP > キッチン雑貨ブランド > 萩ガラス工房(ハギガラス)

萩ガラスだけが知る1520℃もの超高温領域は他では真似が出来ない超高温から造りだされる美しい色と衝撃にも強い強固なガラス

  • 制作を行うのは山口県萩市に位置する萩ガラス工房
  • 山口県萩市に位置する萩ガラス工房。
    幕末期の産業振興に力を注いだ「中嶋治平」の遺した資料をもとに萩ガラスを復刻させました。
    現在では地元笠山でのみ採掘される「石英玄武岩」を独自で精製し、最先端の技術と国内最高レベルの品質で日々新たな挑戦を続けています。ま平窯です。

  • 萩ガラス工房について

    山口県萩市「萩ガラス工房」は、椿原生林と玄武岩で有名な「萩市・笠山」にあるガラスの工房です。
    笠山で採掘された玄武岩を原石から精製し、他の追随を許さない独自技術・手法のガラス造りを誇りとしています。
    淡い緑色の玄武岩ガラス、3層構造で内側にヒビを封じ込めた内ヒビ貫入ガラスなど、国内で唯一ここにしかない「オンリーワン」&「確かな品質」でお届けいたします。

  • 他には真似ができない萩ガラス工房のグラス

萩ガラス工房がつくる強固なグラスのポイント

  • 他には真似ができない1520℃の超高温領域でつくる様子

  • 他には真似出来ない、超高温度からつくる

    萩ガラス工房の製品は硬質ガラス(カリガラス)です。
    一般市販の軟質ガラス(ソーダガラス)は1200〜1300℃で溶解しますが、
    萩ガラス工房のガラス素地はそれよりもより遥かに高い1520℃もの超高温度域で精製されます。
    この技術で製造しているガラス工房は、国内でもここ萩ガラス工房だけ。
    常に高みへと挑戦しつづける姿勢・徹底した品質へのこだわり、
    萩ガラス工房独自の超高温度の製造技術が新たなる可能性の扉を開きます。

  • 衝撃に強い強固なガラスのアップ

  • 衝撃に強い強固なガラス

    硬質ガラスでできている萩ガラス工房の製品は、
    通常のものよりも傷つきにくく、衝撃にも強い強固なガラス製品です。
    これにより一般用食器はもちろん、業務用としても安心してお使いいただける丈夫な製品です。
    国内では当社のみ、この超高温域での製造をおこなっております。
    ぜひ手にとって、その感触を肌でお確かめください。

  • 淡いグリーンのガラスと、内貫入ガラスの違い

    淡いグリーンのガラスと、内貫入ガラスの違い

  • 淡いグリーンのガラスと、内貫入ガラス

    萩ガラス工房製品のガラス素地は、地元で採掘される玄武岩「石英玄武岩」(安山岩)から出来ています。 この原材料の石英玄武岩のが持つ成分により、美しい淡いグリーンのガラスができます。
    そしてもう1つ萩ガラスを語る上で欠かせないのが、繊細なひび割れが特徴の「内貫入ガラス」。 約30年前にハンガリーで出会ったというこの手法は、日本で再現し完成品を作るまでに10年以上掛かったそう。 熱膨張率の大きいガラスを、耐熱ガラスで両側から挟み込んだ3重構造になっているので、間に挟んだガラスだけが膨張と収縮を繰り返し、ヒビが入ります。 驚く事に、このヒビは熱膨張を繰り返し、3年ほどかけて成長して自然にヒビが増えていくのです。
    内貫入ガラスは、他の工房では決してまねの出来ない、萩ガラス工房だからこそ生み出せる製品です。

全商品一覧

1 件中 1-1 件表示 


1 件中 1-1 件表示