雄勝硯(オガツスズリ)の人気商品を厳選!ギフト・贈り物に最適なアイテムを豊富に取り揃えています。

日本の伝統工芸品TOP > キッチン雑貨ブランド > 雄勝硯(オガツスズリ)


「雄勝硯」硯加工の伝統と技。

独自の滑らかさと高級感をもつ石皿は、和洋どんなメニューにもしっくりと合い、ホテルや高級料亭からも問い合わせが寄せられています。 原料である玄昌石(玄昌石)は、600年以上も昔から硯の原料として使われています。「雄勝硯」は現在、国内で生産される硯の90%のシェアをもち、伝統的工芸品として国の指定を受けています。 福島県石巻市の雄勝硯は約600年の歴史があるといわれ、国の伝統的工芸品に指定されています。 雄勝硯をはじめとする雄勝石産業の活性化を図るため、雄勝硯生産販売協同組合と連携してプロジェクトを立ち上げ、食器や花器など新分野商品の開発を行いました。製品はすべて、天然の原石を活かしています。 冷やすと更に保冷効果がありお刺身などの鮮度も落ちにくく、いま注目されている伝統工芸品の一つです。 採石、切断、削り、磨きなどの各工程には硯加工の伝統と技が活かされており、さらに今回はその「漆黒の美」を保つために特殊な塗装技術を新たに開発しました。