Ceramic Japan(セラミックジャパン)の人気商品を厳選!ギフト・贈り物に最適なアイテムを豊富に取り揃えています。

TOP > キッチン雑貨ブランド > Ceramic Japan(セラミックジャパン)

才能あるデザイナーと瀬戸の伝統技術のコラボレーションから生まれたプロダクト

  • 竹箸の制作を行うのは愛知県瀬戸市に位置するセラミックジャパン
  • 製作を行うのは愛知県瀬戸市に位置するセラミックジャパン。
    「せともの」という言葉が広く一般に知られているように、瀬戸市は1300年と言われる歴史をもつ陶磁器産業のまちです。 窯道具を積み上げてつくられた「窯垣」と呼ばれる垣根や、窯元の煙突、中心市街地に軒を連ねる陶磁器商など、やきもののまちの伝統が育んだ趣ある景観を市内のそこかしこで見ることができます。

  • セラミックジャパンについて

    歴史ある焼物の街、愛知県瀬戸市に1973年に創立し、当初から一貫したデザインポリシーのもと、才能あるデザイナーと瀬戸の伝統技術のコラボレーションにより、多くの製品を生み出しております。
    確かな技術と現代にふさわしいデザインが融合した製品の数々は、実用性と芸術性の高さを併せ持ち、様々なデザイン賞を受賞、MoMAパーマネントコレクションに選定されるなど国内外で大きな評価をいただいてきました。
    今後もこの地から世界に向けて、セラミック・ジャパン独自の製品を創出していきます。

  • セラミックジャパンの工房

  • ニーズではなく、新しさを提案する

    デザインコンセプトに求めるのは、『これまでにない』ということ。売れなければ良いデザインとは言えないと思いますが、売るためにお客様のニーズを汲むというより、お客様に対してどのような新しい提案ができるかを考える。
    紙のようなくしゃっとした皺模様の「CRINKLE」や、パイプ構造の輪郭だけの一輪挿し「STILL GREEN」など、他とは違ったデザインに驚きがあります。ただ、この新しいデザインが注目される一方で、苦心してきたのは「製造」。
    従来の和食器にはないデザインは手間がかかるうえに、ごまかしがきかない…。「こんなものはつくれない」「見合わない」と当初は試行錯誤の連続でした。
    焼き物の専門家からすれば新しいデザインは無理難題ですが、焼き物を知らないデザイナーからこそ出てくる斬新なアイデアを形にすることで、才能あるデザイナーと伝統技術のコラボレーションした「セラミックジャパン」の製品が生まれました。

  • セラミックジャパンの花器

セラミックジャパンの全商品一覧

4 件中 1-4 件表示 


4 件中 1-4 件表示 



41 件中 1-41 件表示 














【Ceramic Japan】【食器】愛知県/Ceramic Japan(セラミックジャパン)ティーカップ PEEL【ティーカップ】【グッドデザイン賞2009受賞】【Ceramic Japan】

Ceramic Japan(セラミックジャパン) ティーカップ PEEL

価格2,200円(消費税込:2,376円)

売り切れ


41 件中 1-41 件表示